Q.珍獣ハンターイモトのゴールデンウィーク!中央ヨーロッパツアー


近年旅行先として人気急上昇中なのが、中央ヨーロッパ!
チェコやハンガリー、クロアチアなど
情緒溢れる美しい国々は、OLや奥様方を中心に人気爆発中!
そこで今夜から2週に渡ってお贈りするのは
イモトのゴールデンウィーク、中央ヨーロッパツアー!







旅のスタートはクロアチア共和国。
こちらは世界遺産 ディオクレティヌス宮殿。











それではいこう!
クロアチアには、絶対買うべき定番のおみやげがある!
それは『ネクタイ』
17世紀、ヨーロッパ全土が戦い合った30年戦争。
その時、クロアチア兵が首に巻いたスカーフがカッコいいと
ヨーロッパ中の兵士達の間で話題に。









みんなこぞって真似をした結果、
それはいつしか戦うビジネスマンの象徴、ネクタイとなった。
イモトも普段お世話になっている内村のために、1本購入。
選んだネクタイは・・・
ダルメシアンが描かれたもの!





続いてはイモトお楽しみの絶景へ!
その名も世界遺産「プリトヴィツェ湖群公園」
問題は時期がやや早い事。
ベストシーズンは夏。








それでもイモトがどうしても行きたいというので足を運んだ。
夏に来れば、太陽に照らされブルーに輝く湖と芽吹く木々の緑、
そして滝の白がまるで楽園のようなコントラストを作る。






しかしこれだけでは
視聴者の皆さんに申し訳ないのでもうひとつ!
その名も『青の洞窟』
それはアドリア海に浮かぶビシェボ島にある秘密の場所。
ご覧下さい。イタリアを超えると言われる青の洞窟。
わずかに差し込む太陽光が海底の真っ白な砂に反射することで、
青い光だけが洞窟を照らす。









水も青いが岩までもが青く染まる。
シーズン問わず見られる神秘の光景。
当然、イモトも見ようと向かったのだが、
波が高く洞窟に入れなかった。






気を取り直してお次ぎは、クロアチアの人気スポーツ、
『シンクロナイズドスケーティング』に挑戦!!
音楽に合わせて16人の選手が息を合わせて踊る、
団体フィギアスケートなのだ。
しかしイモトはスケート経験がゼロ。






ほんの数時間でマスターすることは出来るのだろうか??
それではご覧下さい。チーム“スノーフレークス”withイモト。


























皆さん、これはこれで面白かったとの事。








さあ中央ヨーロッパの旅は
2カ国目、ハンガリーへ移動。
街全体が世界遺産に登録されているハンガリーの古都ブダペスト。
温泉地としても有名で、ハンガリー観光の目玉となっている。
それに匹敵するのが夜景!
特にお勧めなのはナイトクルージング。
さらに王宮やくさり橋など
世界遺産の建造物を存分に堪能出来ます!






ではここでハンガリーを訪れたら必ず食べたい名物を。
その名も『マンガリッツァ豚』
それはヨーロッパいち、旨い豚肉と言われ
何と食材にしてハンガリーの国宝に指定されている。






まるで羊のような毛が生えたこれが、
『食べられる国宝』マンガリッツァ豚。
全身を覆う毛はマイナス30度にもなるこの地の厳しい冬を
乗り切る為に進化したと考えられている。






これが最もうまいと言われるマンガリッツァの丸焼き。
マンガリッツァ豚の体脂肪率は驚異の70%









最後は、肉体をフルに使って頂こう!
ハンガリーにはヨーロッパで今話題のパフォーマンス集団がいる。
全身金色の彼らこそ組体操で世界を熱狂させる、パフォーマンス軍団
その名も「ゴールデンピラミッド」。







必要なのは筋力とバランス感覚。それはまるで美術品のよう。
この肉体パフォーマンス、ゴールデンピラミッドにイモトが挑む!
さあイモト、どこまでやれるか?








筋力だけではなく柔軟性やバランス感覚も必要。
しかもゴールデンピラミッドの掟は決して声を出さない事。
果たして成功するか?!
路上でその技を披露!!







ゴールデンピラミッド出陣。
観光都市ブダペスト、世界中の人々が固唾を飲んで見守る。
演技開始。







イモト、肉体だけならそれなりに見える。
まずはイモトが脚力で男2人を支えるあの技。







ポーズもバッチリ決まった!







お次ぎは腹筋と背筋をフルに使う技。







そして三段タワー!

調子が出て来たイモト!
まるで昔からゴールデンピラミッドの一員だったかのような、
見事な演技。







こうして無事演技終了!
お客さんも大満足!








というわけで中央ヨーロッパ2カ国制覇。
来週も旅の続きをお楽しみ!!!