Q.珍獣ハンターイモトワールドツアーinカンボジア


65カ国目となる今回は
近年観光国としても人気のカンボジア王国。
まずはカンボジア伝統のスポーツ『サイ』







サイとはバドミントンのシャトルを大きくしたような物を蹴り合う競技。
羽の返し方でポイントが加算され、
より難易度の高い技ほど高得点!





日本の半分ほどの広さのカンボジア王国は
人口、およそ1,500万人。
農業を主な産業とする国。
1970年から20年間に渡る激しい内戦により
多くの人々が犠牲となった。
そのためこの国は人口の7割が30歳以下
そんな若い人達が国を支え現在は目覚しい復興を遂げている。

この国の象徴は世界遺産アンコールワット。
今からおよそ900年前アンコール王朝により
ヒンズー教の寺院として建立された。
アンコールワットは言うなれば巨大な芸術品。
石を切り出し積み上げ、美しい彫刻を施す
クメール建築の最高傑作と言われている。



日本人が一度は見てみたい世界遺産で
常に上位にランクされるアンコール遺跡
今回は、その時のために
絶対押さえておきたい見所ベスト3をご紹介!
まずは自然が作り出した神秘の遺跡『タ・プローム』
今なお成長を続けるガジュマルの木は樹齢300年以上。




第2位はイッテQ!でお馴染みのアレ!
『クメールの微笑み』
世界中に幸せを振りまくよう
東西南北全ての面に彫られた観音像。






そうイッテQ!のスタジオにあるのは
クメールの微笑みとタ・プロームの合わせ技!!







そして第1位はアンコール遺跡の象徴 『天女像』
男性観光客なら必ず自分の理想の女性と
巡り会えると言われている。







そしてこのアンコール遺跡で最も美しいとされ
東洋のモナリザと言われる天女像がこちら。








さあカンボジアの旅
ここからは人々の生活をリポート!
実は日本とカンボジアは昔から関係が深い。
日本とカンボジアの間には海流があり
その為、古来多くの人々が行き来し
文化が伝わったと言われている。
そのため言葉も似ているものがある。
扉→トビーア
棚→タナ
噛む→カム
その他にもお祝いに赤飯を炊いたり、
子どもの歯が抜けると屋根に投げるなど
似た風習もある。




続いてはカンボジアの鉄道事情をご紹介!
カンボジアでは3年ほど前まで、列車が走っていたが、
各地でレールがゆがみ、脱線などが相次いだため、
運行しなくなってしまった。








今なお各地にレールは残っているが電車や列車は
一本も走っていない。
現在復旧に向けて修復作業が行われている。
そんな中人々が生み出したのがこの竹列車。
この竹列車、カンボジアのあちこちで
庶民の足となっている
運行速度は時速40キロ。







思ったより快適だが問題もある。
蜘蛛の巣や虫、
最も気をつけなければならないのが
対向車両の出現!








この場合、じゃんけんで決める。負けると・・・
こうなります。
なんとものどかな鉄道事情。







そんなカンボジアの夜、道を歩いていると
青い光が!?
これはコオロギを捕まえる仕組み。
御存知の通り虫は光に集まる。







そこに水を張っておけば、
次々とコオロギがかかるというわけ。
コオロギはみんなの大好物!!
しかし中にはカマキリも!







カマキリのお味は・・・
味はコオロギと同じだが、カマが痛い。
しかしコオロギやカマキリよりも美味しい食材がある!








向かったのは東南アジア最大の湖『トレンサップ湖』
この湖ではあるものが名産品として獲れる。
それは『ミズヘビ』






おすすめは「焼き蛇」
蛇恐怖症が蛇を食すとこうなります。








さあお次はカンボジアの達人!
この方こそカンボジアのバランスばあちゃん
マーさん60歳。







マーさんは大きな机からカメラまで
頭の上に何でものせられる達人!
もりそば15人前も楽々!
30人前は歩いて出前!
さあおばあちゃんが頑張った後は
イモトが頑張る番!





実はカンボジア、昔からサーカスが盛ん。
あのアンコール遺跡の壁画にも
サーカスの様子が描かれている。
向かった先は地元のサーカス小屋。
『ファーポンルーセルパク』
ショーはミュージカルとサーカスを合わせたようなスタイル。
ここでイモトが挑戦するのはバランス芸!





目標はこの3段、左右だけでなく
前後にもバランスをとらなければならない。
目標は10秒バランスを保つこと!
一晩でものに出来るか?
迎えた本番当日。




お客さんは超満員!!
イモト波に乗れ!
1段成功!






2段、こちらも成功!







そして問題の3段!!






成功!
本番を意地で切り抜けた!
果たしてこれはサーカスなのか?
後半はどう見ても我慢大会。
というわけで65か国目カンボジア見事制覇!