Q.24時間テレビ 舞台裏スペシャル!


遂に、24時間テレビが始まった!
スターターのご意見番とダチョウ倶楽部の上島竜兵の合図で大島がスタート!
ランナー決定時、88.4キロだった体重を
16.7キロ減らし、
万全の状態で、武道館を目指す。


そしてイッテQ!の24時間テレビの裏側恒例
チャンと武井の対決企画もスタート!
2人はサイコロを振って、
そこに書いてあるブランド牛を現地で調達。
早く帰って来た方は武道館のステージで
大島を迎えることができる!
一方、負けた方は、焼き肉の準備を担当。


チャンは滋賀県の近江牛。
一方、武井は、三重県の松阪牛を調達。
大島へのご褒美をかけた、男たちの闘い!




武井は高速バスで、
チャンはレンタカーを借り、目的地を目指す!





一方 内村は、イモトに電話。
今年の24時間テレビ、イモトは富士登山に挑戦。
ともに登るのは、福島県浪江町の子供たち。
出発前には、内村がお守りを渡し激励。
目指すは、富士山一合目から頂上までの完全踏破。


しかし、子どもたちにとっては、
決して楽な道のりではない。
子どもたちの士気が下がり始めたので
イモトが「腰が回ってるギャグ」で盛り上げる。



そして午後5時。
無事に6合目の山小屋までたどり着いた。
まるで修学旅行のような、楽しいひととき。




一方、レンタカーで近江牛を目指すチャンカワイ。
話題は、先日破局した馬場園との思い出。
車内で思い出の曲をかけると、
チャン、まさかの大号泣。



深夜、大雨が降りだした。
それでも、力走を続ける大島。
そんな大島を女芸人が激励に。




本当に武道館まで辿りつけるのか、
ふがいない自分に涙がこぼれる。





24時間テレビ2日目。
富士登山は、いよいよ山頂アタック。
しかし、コチラもあいにくの天候。
6合目から山頂に向けてスタート。
地元福島では、ご家族が見守る。


気温は10度を下回り、手足がかじかむ。
心配するご家族。
しかし誰もが、この試練を乗り越えることを願っている。




標高はいよいよ3000mへ。
気持ちが折れぬよう
イモトが懸命に声をかける。




標高が上がるにつれ、天候はさらに悪化。
それでも1人の脱落者も出さずに、
富士山8合目に到達。
しかし、天候を考えればゆっくり休憩をとっていることはできない。

どのチャレンジも、厳しい闘いが続いていた。


一方三重県松阪、深夜バスでやってきた武井は、
地元の方が口をそろえて勧めるお店を発見。
これが、泣く子も黙る松阪牛。
松阪牛のサーロインをゲット。



チャンが目指す近江牛のお店もようやくオープン。
お店の方オススメのサーロインやヒレなど
美味しいところ4種類を調達!

タイミングはほぼ一緒。
果たして勝つのはどっちだ!


24時間テレビ2日目、午後2時。
富士山は、ご覧の天候。
疲労と寒さが襲いかかる。
しかし、ギブアップはしない。




それぞれの子供が、それぞれの覚悟を持っている。
残りはもう少し、再び歩き出す。
そして1人の仲間も欠ける事無く、
遂にゴールの時!



この夏、2年ぶりに再会を果たした福島の子どもたち。
震災以来、様々な困難を乗り越えてきた彼らは
今回も力を合わせ、頑張った。




みんなで作った、最高の思い出を胸に刻み
幼なじみたちは再び、離れた場所での生活に戻る。
こうして、富士登山は無事終了。





しかし、24時間テレビはまだ続く。

さあ、チャンと武井。
肉を買った時刻はほぼ一緒だったが
果たして、どちらが先に戻ってくるのか!




勝者、近江牛、チャンカワイ!
武井が戻ってきたのは、それから1時間後。





一方、大島の元には、
父・久夫さんと母・美代子さんが激励に。
手作りカレーを差し入れ。
これで元気が復活。
ペースが上がった。



一方、敗者の武井。
武道館行きは許されず、焼き肉の準備。
しかし、我々は見ていた。
大島の為にできる限り交通費を節約。
なおかつ、お店が開く前には完走祈願までしていた。
見かねた内村が武井に声をかける。
こうして、裏側メンバー全員、いよいよ武道館へ。


一方大島は、苦戦を強いられていた。
放送時間は残り2時間。しかし全くペースが上がらない。
人生最大のチャレンジは、
予想より遙かに過酷なものだった。
不甲斐ない自分に、涙があふれる。


そして午後9時、番組終了。
しかし、大島は泣きながらも止まること無く
ゴールを目指す。
武道館のお客さんも大島の到着を待ち続ける。



入り口では、女芸人たちが待ち受ける。
最後の力を振り絞り、ようやく武道館に到着。

4か月前、2分と走れなかった親方が
ついにここまでたどり着いた。


そして、栄光のゴールへ!







親方、88キロを見事走破。

そして、全てが終わったあと行われた、焼き肉パーティ。
深夜、イッテQメンバーは集まった。





他のメンバーも続々と集結。






本日の主役、親方登場。






待ちに待った至福の時!

こうして2013年、夏の挑戦は幕を閉じた。




イッテQ!メンバー全員、お疲れ様!!