Q.ご意見番が挑む男の挑戦!人間カラクリ装置!inアメリカ


チャレンジの舞台は西海岸 ロサンゼルス
協力者してくれるのはジョーダン・ドーズ。
本場ハリウッドの美術監督にしてカラクリ装置に精通。
前回、出川のリアクション芸を見事に取り入れた
からくり装置を制作してくれた人物。

今回は前回を越すからくり装置に挑む!
まずは取り入れられる
見てもらう。
「風船爆弾」

採用決定!
さあ続いては「顔面洗濯バサミ」
これはお嬢で!



翌日出来上がった装置を見に行く。
まずはアツアツ大根。
バケツからパイプに水が流れる。
そして下のバケツに溜まるようになっているが、
重さで下がっていくと、ここのスイッチが押される
するとこのドリルが回転して大根水車が回る。
落ちてきた大根を咥えたら次に流す。



続いては「人間書道」
上のバケツから下のバケツへ砂が落ちると
重さでこれが押される。
すると頭の上と下から墨が発射される。
今回は水でリハーサル
装置は順調に作動。
河北も手足をキッチリのばし
大の字が描けた。

さらに「顔面洗濯バサミ」
カゴの中の仕切りが上がると
ニワトリがエサをついばむ。
すると細かな装置が作動し、
洗濯バサミをペットボトルロケットが引っ張る。

ただ1つ問題がある。
ご意見番が1つ前のリアクションをやっていると
洗濯バサミを付ける時間がない。
河北は河北で書道のスタンバイ中。
時間が無い・・・
そこに現れた人物とは?

ダチョウ倶楽部上島竜兵!
というわけで
2トップのリアクションをお楽しみ頂きます!!





スタートはぬるぬるスライダー。
上から白い粉が降ってくる。
遂に上島竜兵がアメリカでリアクションを披露!

そして迎えた本番当日。
さぁいよいよ新春からくり装置、その舞台へ!
今回は細かい部品を合わせると
その数は1000を超える。
朝7時からスタートした撮影は
翌朝6時までかかり、
実に23時間にも及ぶ地獄の1日となった。
それでは調整に調整を重ねたOKテイク ご覧下さい!


まずは上島さんの名人芸から
全てが始まります。


いくつものボールが織りなすカラクリを
お楽しみください。



さぁこの後は大根水車。






吐き出された大根はタイヤを放ち、
旗が引き上げられます。
そして巻き尺リレー。






さらに上から転がるボールが
空気砲を放ちます。







風船爆弾







さあこの後上島さんの見せ場
ゴムパッチンです!
と同時にニワトリのゲージがオープン。
さあお次は河北さんの書き初め。

ボールが的に当たれば台車がスタート。

上島さんが引いた紐で大玉スタート。







もうカラクリではありませんが、
しばしお楽しみください。




以上、新春カラクリ装置でした。