Q.出川哲朗のはじめてのおつかい in アメリカ・ワシントンDC

おつかい第四弾は難易度高め。

というのも―
これまで3回、何だかんだで出川はミッションを全てクリア。
そこで今回の舞台はアメリカの首都ワシントンD.C.
どこの州にも属さない特別区であり
ホワイトハウスを始めとする様々な政府機関。
歴史的文化的価値が高い博物館や美術館が、東京港区ほどの中にひしめき合っている。
よってミッションクリアには比較的難しい英語が必要。

さぁそれでは行こうファーストミッション!
国立航空宇宙博物館。




かなり固い響きだがそれは世界的に有名な
あのスミソニアン博物館の一施設。




実はスミソニアン博物館は、
1つの博物館を指しているのではなく、
19の博物館や美術館。



今出川がいる場所からは徒歩で30分ほど。
ここからは、谷もスタッフも陰から見守りますが手助けは一切致しません。
さあ出川宇宙食を何という?


なんと出川、宇宙をアースだと思っている致命的な状態からスタート。
もちろんアースは地球で宇宙はスペース
出川全然地球から抜け出せない

ここで全く違う角度から切り込む

出川「ドゥー ユーノー E.T.?」

出川ようやく宇宙へ

男性「Out of space」(E.T.は宇宙からくるのさ)

出川「スペース!」

宇宙をアースと言っていた男が10分足らずでその場所を知る。

そして歩くこと20分。
国立航空宇宙博物館。
航空機と宇宙関連の博物館では世界最大級。
1903年。
人類初飛行に成功したライトフライヤー号を始め、
人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の司令船。
さらに日本のゼロ戦なども展示されている
そして―

そうこれこそお目当の宇宙食

といことで出川見事ミッションクリア

それでは行こう!セカンドミッション。
正解するごとに泊まるホテルのグレードが上がるというもの。
さぁそれでは1問目!


 





出川たった1分足らずで答えを出した!
対して現役女子大生モデル谷への問題!




みなさんわかりましたか
これが口先だけの英語
汗をかいていないところに正解はない。



最後は超難問を出題!





公文書とは簡単に言うと国などが作成・利用する文書の事。
そして、ここ国立公文書館はアメリカの歴史が詰まった場所。
1776年イギリスからの独立を宣言した独立宣言書を始め、
人権宣言、アメリカ合衆国憲法の原文なども保管、展示されている。
ホワイトハウスから国立公文書館までは歩いて20分ほど。
さあ出川独立宣言を何という?

 





出川の頭の中を解説すると―
独立は1本立ちということでワンオンリー
そして宣言書はセイブック
実際は本ではないのだが出川は書物と思い込んでいる。

男性「Library Congress?」(米国議会図書館)

ライブラリーコングレスとは議会図書館のこと。
それは世界一の蔵書数を誇る図書館だが目指す場所とは違う。
似たような施設が多いワシントン。出川その罠にはまる。

30分後。
議会図書館に到着。
当然ここには独立宣言書はない。

ここで屈辱のテレフォン。
早速トーマスジェファーソンで聞いてみる




どうしても思い出せないその名前。
失われた記憶を呼び戻す戦いは続く。




 





全く会話は噛み合っていないが正解はもうすぐそこ。
そして歩くこと20分。
ついに国立公文書館。ナショナルアーカイブに到着。
ご意見番マリアちゃんお疲れ様でした!