プレーンシフォンレシピ

2017/11/16

すっかり更新が遅くなってしまいました。

お越しいただいていた方がいらっしゃいましたら、本当にすみません。

仕事がバタバタ、中二の長男がテスト前でハラハラ。やっと落ち着きました~。

長男は来年は受験生(;^_^)

色々なことに興味を持って、自分が好きなことは何か、何をしたいのかを見付けて

何事にもチャレンジしてほしいなと思います。

 

さて、ちょうど先日、市場でのイベントがありまして、

その時に会場の皆様にご試食いただいた

シフォンのレシピをリクエストいただいたのでご紹介します。

見た目を良くしたいと、粉糖をふって、ナッツをのせてみましたが、

そのまま、または、甘みを控えた生クリームを添えて食べるのが好きです。

(写真と合わずごめんなさい。1箇所、ナッツで隠す理由がありました(;^ω^))

もう、何十年も作り続けているレシピ。よかったらお試しください。

IMG_4310-11.jpg

 

 

プレーンシフォン

■ 材料 :21センチシフォン型1台分 ■

卵・・・4個

薄力粉・・・80g

砂糖・・・80g

牛乳・・・80cc

菜種油(太白ごま油、サラダ油でも可)・・・50cc

バニラエッセンス・・・適量

 

■ 作り方 ■

【準備】

・材料を全て計量し、砂糖は半量に分けておく。

・オーブンは160度に余熱しておく。

・ボウル2個、ハンドミキサー羽は油気水気のないものを用意する。(これ大切)

・ボウルに卵白と卵黄を分ける。

 

1. 卵白はハンドミキサー低速で混ぜ、コシを切る。泡立ってきたら、

半量にしていた砂糖を3回に分けて加えながら高速で泡立て、しっかりと角ができる艶のあるメレンゲを作る。

 

2. 卵黄に残りの砂糖全部を加え、湯せんにかけながら1のハンドミキサーをそのまま使って

高速で泡立てる。白っぽくもったりとしてきたら、牛乳、サラダ油、バニラエッセンスの順に加えて

その都度低速で混ぜ、湯せんから外す。

薄力粉をふるい入れ、低速でなじむまで混ぜる。(混ぜすぎ厳禁。混ざったかなというくらいでOK)

 

3. メレンゲの1/3量を2に入れ、さらにハンドミキサー低速で混ぜる。(混ぜすぎ厳禁。混ざったかなというくらいでOK)

ハンドミキサーからゴムベラに持ち替え、1の残りを2回に分けて加え、ゴムベラの腹を使って手早く混ぜ、シフォン型に流す。

混ぜるときは、ゴムベラを立てて、ボウルの真ん中に入れて底からすくい、手首をひっくり返すように混ぜる。

混ぜたら、利き手の反対の手でボウルを45度回す→混ぜるを繰り返すと全体が混ざりやすいです。

 

4.トントンと2回ほど台に打ち付けて表面をならし、余熱したオーブンで35~40分焼いて逆さにして冷ます。

 

 

ポイントは、卵白は冷蔵庫から出したての冷たいものを使用すること、

卵黄は湯せんにかけることで、しっとりとしたキメの細かい生地になります。

 

IMG_4319-1.jpg

■ コメントありがとうございます ■

(おぎぽんさん)お返事が遅くなってしまいすみません!!

秋田、2回行きました!お勧めしていただいた男鹿梨、カレーパン、かりんとう、探してみたのですが、

見付けることができず。。かりんとうは、秋田市内のお土産屋さんとJRの近くで聞いたのですが、

お店の方はご存知でしたが、近くに売っておらず、秋田空港にあるのでは?というお話でしたが、

往復が新幹線で手に入れられず。。もう一回は発着が大舘空港でやはり売っておらずで( ;∀;)

こうなったら、次は何が何でも食べるぞ!と気合入れてます(笑)りんごと枝豆はとっても美味で、

やっぱり秋田のが一番!きりたんぽも最高でした。そして、初めて、ねずみ茸というのを頂きました!

貴重なんだそうですね。美味しかったです。

 

 

コメント(1件)

■名前

■コメント

■おぎぽん

二回も秋田に来ていたんですね。かりんとう、梨、カレーパン 探してくださったのですね。かりんとうはネットでも買えるので一度試してください。ちなみに地元の同級生!?が作ってる、稲庭うどんのかりんとうも美味しいです。これは秋田駅にあったょぅな。
ねずみ茸…ネームがちょっとですけどね…(笑) 今度、秋田に来る時はコールしてくださーい。パンなら用意しておきますょ(^o^)

2017/11/24 17:36:50

  • 女王誕生物語
  • レシピ本
  • オフィシャルサイト

最新記事

カテゴリー

月別