story

CRIME 12「Promise」 (2010/6/22更新)

CRIME 13
2010/6/29 24:59〜
歓声が沸きあがるリングサイド、勝利を収め喜ぶマリオの一方で、アンチャンは佐々木の通報によって駆けつけた警官達に取り囲まれていた。その騒ぎに米兵達も銃を向ける。しかし、そんな状況にも関わらずアンチャンは基地へ向かい歩みを止めなかった。血を流しながら、「ただマリオの試合を見届けたい」その一心で一歩一歩足を進める…。だが次の瞬間、制止の命令に応じないアンチャンに対し、米兵達が一斉に発砲し始める!ゆっくりと崩れ落ちるアンチャン…その脳裏には二舎六房の仲間達のことが浮かんでいた。

一年半後、約束の木の下に集まる二舎六房の少年達。マリオは「それぞれ自分の夢に向かって頑張れ」というアンチャンの言葉だけを伝え、背を向けて歩き出した。彼は石原と佐々木への復讐を一人で実行しようとしていた。しかし、少年達にはそんなマリオの考えはお見通しであった。アンチャンの仇を取るため、再び一致団結する。

それ以来、復讐のチャンスを伺うマリオ達。ある日、図書館で復讐計画を立てていたバレモトはとある新聞記事に釘付けになる。佐々木が市長選に立候補していたのである!翌日、選挙演説を終えた佐々木の前に突然現れたスッポン、ジョー、バレモト、ヘイタイ、キャベツ。その姿を見た佐々木の表情は一瞬で凍りつく。その頃、一人沼津に向かったマリオは石原と対峙していた。6人の復讐劇が始まる。