リアル×ワールド

THE 命のヒーローズ 緊急出動!
ドクターヘリ

番組内容

images

2013年1月19日(土)10:30~11:25

企画概要

2001年に日本に初めて配備されたドクターヘリ、いま全国に40機(今年度末)となり、着実な成果を挙げている。
医師、看護士、パイロット、整備士たちで組まれたチームが、救急隊(消防司令)の
要請を受け出動する。いかに早く医師が患者に接触できるか、いかに早く病院に搬送
するかが最大のポイント。今回千葉県、群馬県の2か所のドクターヘリに密着。
ベテランと新人医師を通してドクターヘリ最前線の現場に密着しました!

①日本医科大学付属千葉北総病院
2001年4月、日本で2番目にドクターヘリ事業を開始。
18人のフライトドクターが、365日交代制で運行しており、
年間出動は1000回を超えている。

(密着した医師は)
安松 比呂志ドクター(36歳)
専門は消化器外科、一見クールだが実は熱血。元々は、地元金沢の病院に勤務して
いたが、救命の最前線を志し2年前に北総病院にきた。
真骨頂はその判断力。検査の数値やデータに頼らず一瞬で患者の病態や症状を見抜き、適切な治療を施す。

【事案①】
患者は交通事故の女性、外傷はないが脈拍低下、肺に管を通すも血も空気も出ない・・・「まずい!」瞬時に開胸し、直接心臓マッサージを始めた!!彼女の運命は!

【事案②】
木の剪定中に男性が脚立から落下、頭部の裂傷を追う。脊椎損傷の疑いもあり一刻も早い処置が必要と考えられた。
通常ドクターヘリは、千葉県内1200に設置されたランデブーポイント(救急車と
接触するための臨時着陸用地)に着陸し、救急車の患者と接触するのが主。
しかし今回は、患者(救急車)に少しでも早く接触するため、安松医師は予定されたランデブーポイント以外の山林の空き地に緊急着陸することを判断
ベテランパイロット、消防隊との無線の見事な連携、着陸ポイントは電線の隙間のわずかな空き地・・・わずかな時間内での判断力とパイロットの神業が奇跡を生む!

THE 命のヒーローズ 緊急出動!ドクターヘリ

②前橋赤十字病院
群馬県唯一の高度救命センターを持つ基幹病院。
2009年7月にドクターヘリ事業を開始、年間600回以上の出動がある。

(密着した医師は)
矢野 好美ドクター(28歳)
医学部卒業後、2年間の研修医を経て、救急科&ICU科に希望で所属した1年目
救急外来(救急車やヘリで運ばれてくる急患を最初に処置する部署)で
バリバリ働く美人医師。将来は地域医療に貢献したいという思いから、
あらゆる急患に対応する救急科を志望した。
救急科の診療は一人でも対応できる医師だが、ドクターヘリは研修で数回
乗ったことがある程度。昨年末からドクターヘリの研修活動を開始したフライトドクターとしては新人
失敗し、怒られながらも成長していく姿に密着しました!

【事案①】
(矢野ドクターの出動事案)
トラックと乗用車が正面衝突したという交通事故外傷の男性。
矢野ドクターと先輩の町田ドクターがヘリで向かうが、その機内で、患者情報収集や
救急隊との重要な連携が必要な無線交信で、失敗をしてしまう。
患者は適切な処置を施し、迅速に病院へと搬送されたが・・・
先輩から無線の勉強を怠っていると厳しく怒られる
フライトドクターは医療行為以外にも様々な業務を一人で行わなければならない。
果たして新人矢野ドクターのその後は・・・。

【事案②】
(矢野ドクターの出動事案ではないが)
耕耘機の刃が両足に刺さるという重傷を追った男性。現場では消防、救急隊が
足から刃を抜く作業に時間をとられていた。
要請を受けたドクターは、現場に直接向かい、処置をスタート。
大量出血などもおこさず、迅速に病院へと搬送された。

THE 命のヒーローズ 緊急出動!ドクターヘリTHE 命のヒーローズ 緊急出動!ドクターヘリ

 

(c) Nippon Television Network Corporation