リアル×ワールド

養子を迎えることにしました。

制作者の声

images

2015年1月12日(月)24:59~25:29

番組概要

「結婚したら、子だくさんの家庭にしたいね」

当たり前のように思い描いていた未来が実現できないとわかったとき、
あなたならどうしますか…?

何年も続けた不妊治療の末、2度の流産を経験したご夫婦。
お腹の中で命を守れなかった自分を責める日々・・・。

子どもを育てたい・・・。
血のつながりは、関係ない。

様々な事情で実の親の元で暮らすことの出来ない子どもたちは、全国で約4万人ほどいるといわれています。
そのうちの85%以上が施設で暮らす日本の現状は、海外から批判を浴びています。

今回、取材を受けてくださった二組のご夫婦は、
特別養子縁組という制度で血縁のない子どもを家族に迎えました。

彼らの元にやってきた子どもたちの、実の親たちは、
どうにもならない事情で手放す彼らのことを想い、
施設でなく、子どもを望む夫婦たちにわが子を託しました。

番組では、
子どもと新しい両親との始まりの日々には、どんなことが起こるのか?
血縁のない親子がどんな問題に向き合って暮らしているのか?
家族つくりに向き合う夫婦と子どもとの日々を見つめました。

家族の数だけ、家族のカタチは存在する。
それでいいじゃないか。

取材を通して、
二組の家族の姿は、私にそう教えてくれたように感じました。

養子を迎えることにしました。養子を迎えることにしました。

ディレクター
中村市子(テレビマンユニオン)

プロデューサー
五鬼助洋美(テレビマンユニオン)

 

(c) Nippon Television Network Corporation