コース紹介

円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形 円形
1番ホール

設計者の意図でスタート3ホールは、思い切ってティーショットが打てる。この1番は左サイドが広く、プレッシャーなくティーショットが打てる。問題はお椀型のグリーンで、ピン位置が手前であれば手前に、奥であれば思い切って奥に攻めなければ3パットもありうる。


2番ホール

宮崎CCで最長のストレートなパー5。ティーショットは打ち上げのブラインドになっているが、フェアウェイは広く、センターを狙っていけば問題はない。ポイントは3打目で、奥行きのあるグリーンはフェアウェイと高低差がなく距離感が難しい。


3番ホール

難易度の高いパー4。細かなアンジュレーションのあるフェアウェイは大きく右に傾き、ティーショットはフェアウェイ左半分狙い。もう一つ難しいのは風の計算。海に近いこのホールは、風の影響を強く受け、セカンドのクラブ選択が大きく違ってくる。


4番ホール

ティーインググラウンドから見えるホールのアンジュレーションと、240ヤード付近の右バンカーがティーショットにプレッシャーを与える。グリーンは小判形で奥行きがある。セカンドショットの方向性と距離の正確性が求められる。


5番ホール

左右の大きなバンカーに挟まれたグリーンは非常に大きく奥に広いが、中央からの傾斜が難しく、ピン位置によっては、球筋を変えて攻めなければならない。


6番ホール

ティーショットの狙いは、フェアウェイ正面の小さなマウンドにある松の木越え。セカンドショットは、グリーン右手前のバンカーがグリーンと少し離れているため距離感を狂わす。グリーンは左からの傾斜が厳しく、ピンの右サイドを正確に狙っていきたい。


7番ホール

左ドッグレッグのパー4。攻めるには最短コースの左バンカー越え250ヤード超、安全に行くにはバンカー右サイド、フェアウェイセンター狙いがベター。セカンドショットはピン手前から攻めたい。グリーンは傾斜がきつく受けており、奥からは非常に難しくなる。


8番ホール

距離の長いパー3。縦に長い2段グリーンで、ピンの位置によりクラブ選択がポイントとなる。


9番ホール

左ドッグレッグ490ヤードのパー5。ロングヒッターなら左バンカー越えで2オンも狙えるが、グリーン手前のバンカーがしっかりガードしている。グリーンは少しお椀型で、スピンの効いた高い弾道で攻めたい。


10番ホール

341ヤードと比較的距離も短く打ち下ろしのストレートなパー4。ティーショットはセンター狙い、グリーンはフェアウェイと高低差がないため距離感が難しいが、できればバーディーの欲しいホールだ。


11番ホール

ストレートなパー5 。ティーショットの狙いは、右バンカーに注意しながらフェアウェイ右サイド狙い。セカンドショットは右バンカーを避け、少し左サイドが狙い目。グリーンはバンカーでぐるりと囲まれ、3打目は正確なショットを要求される。


12番ホール

見た目よりグリーンは大きいが、アンジュレーションが複雑でピン位置によっては落とし所が難しい。ティーインググラウンドとグリーンでは、風の向きも強さも異なることが多く、いかに風を読むかがポイントとなる。


13番ホール

太平洋に沿って延びるこのパー5は風の影響を強く受ける。そのためティーショットは右のクロスバンカーに神経を使う。縦長のグリーンで左のガードバンカーは深いため、右から堅く攻めたいところだ。このホールも風のジャッジがポイントだ。


14番ホール

難易度の高いパー4。ティーショットは前方のマウンドの松の木群の手前狙い。ティーインググラウンドからは見えにくいが右サイドの松が意外に入り込んでいる。セカンドショットも砲台グリーンの左バンカーが深く待ちかまえる。


15番ホール

僅かに左ドッグレッグのパー4。フェアウェイは広いので、ティーショットは正面の松の木からフェアウェイ右サイド狙いがベスト。グリーンの奥行きがないためセカンドショットは距離感が難しいが、果敢に攻めていきたいホールだ。


16番ホール

グリーンセンターから奥に傾斜しており、ピン位置によって難易度が違ってくる。ピン位置が右サイドの場合はバンカー越えになり、高い弾道が要求される。ピン位置にかかわらず左サイドから攻めるのがベター。アプローチも左からが有利になる。


17番ホール

打ち下ろしで僅かに左ドッグレッグの距離は短いパー4。ショートカットを狙って左に打ちたいところだが、右高左低の地形を考えてティーショットは右サイドから攻めたい。グリーンは右傾斜のアンジュレーションがあり、セカンドショットの難易度をあげている。


18番ホール

フィニッシングホールは難易度の高い左ドッグレッグのパー4。セカンド地点からは打ち上げになり、クラブ選択が難しい。グリーンは受けの傾斜がきつい2段グリーンで、段目の部分が奥にやや下っており、ピン位置が上段の場合は思い切って攻めないと3パットもある。


ページトップへ