保険外交員誕生秘話 / 松井利枝

2013年5月25日

保険外交員.jpg
 
欠点を克服するのではなく、
そのまま武器にして、トップの成績をとった保険外交員がいます。松井利枝さん。
 
口べたで、不器用で、最初はほかの外交員たちに出し抜かれてばかり...
がんばって上手に話そうとしても緊張して空回り、成績はどん底の日々で。
  
でも、ある時からうまく話せないことをあえてオープンにするようにしたんです。
言葉がなくても誠実さは伝わる。
やがて彼女にたくさんの顧客が心を開き始めます。

どん底社長復活秘話 / 柚木治

2013年5月18日

GU.JPG

激安が目に留まりがちだけれど、ファッション通からも一目おかれる「GU(ジーユー)」。
大成功を収めている社長の柚木治さんの過去には、痛恨の失敗がありました。

かつて任された会社が大きな損失を出し倒産...
その後はひっそりと会社人生を送っていたのに、再び抜擢されたのです。

正直、こわい...でも、考えてみたらあの時どうして失敗したんだろう?
たどりついたのは「周りの意見を聞く」というシンプルなこと。その結果は?

熱血社長のバス会社再生秘話 / 野村文吾

2013年5月11日

HP画像.jpg

「使ってもらえるのは当たり前」...
そんな意識を変えたとき、とある小さなバス会社は息を吹き返し始めました。
 
北海道・帯広。大正時代から地元に根づいたこの会社を、
野村文吾さんは34歳で家業を継ぎます。
サラリーマンからの転身でしたが、
学生時代テニスで培った熱血魂で改革に取組みました。
 
マイカー普及で倒産の危機...
しかし、「なぜ、バスに乗ってもらえないんだろう?」という素朴な疑問が、
野村さんを窮地から救います。

町工場「悪口会議」の秘密 / 諏訪貴子

2013年5月 4日

町工場2.jpg

東京・大田区。
社員40人ほどの小さな町工場なのに、全国の中小企業経営者や、
国内外の政府関係者が毎月のように見学に訪れるスーパー工場があります。

率いる諏訪貴子さんは、決して経営のプロではありませんでした。
専業主婦をしていた32歳のとき、父の跡を継ぎいきなり社長に。
ベテランと若手のあつれきで伸び悩んでいた会社。

考えたのは、会社の悪口を言い合う「悪口会議」。そこから...意外な活路が見えました。