From イングランド

ラグビーワールドカップ取材記

2015年10月6日

大会に際し、新しいB5版のノートを日本から余分に2冊ほど持ってきたのですが、ついにその2冊目を使用しております。最初のページから3ページ目の途中にかけてはボースヴィックフォワードコーチらの談話をメモし、次は、6日のジャパンの練習風景を記します。

ウォリックスクールでのトレーニングが公開された冒頭15分の間、記号に等しい文字で…。

「ハル いない」

ここまで3戦連続で先発出場中の立川理道が、練習に出てきていない、という意味です。

最終局面。毎日、必ず誰かが別メニュー調整となっている印象です。ノートの文字にならえば「アンスト(アンストラクチャー=形通りではない局面) 蹴り合い多い」状態の実戦練習などを終えると、ロックのトンプソン ルーク選手も言葉を絞ります。

「まだ、疲れてる」

もっともトンプソン選手、「最後」と決意して臨むワールドカップをこう語ってもいます。

「ワールドカップだから、毎試合、楽しみよ。最後まで集中。これ、メチャ大事。…あ、ゴメンナサイ。関西弁になってしまって」

ふくらはぎの故障でここまで出番のないクレイグ・ウィング選手も、ここ最近、練習に戻っています。室内練習ではタックルの技術を指導するなど、動けない間もコーチのサポートをしていました。

「自分が出られていない。それでも何かで貢献できたら、と考えています」

著者紹介

向風見也
向風見也

1982年、富山県生まれ。成城大学文芸学部芸術学科卒。2006年よりスポーツライターとなり、主にラグビーのリポートやコラムを「ラグビーマガジン」「スポーツナビ」などに寄稿。ラグビー技術本の構成やトークイベントの企画・司会も行う。「現場での凝視と取材をもとに、人に嘘を伝えないようにする」を信条とする。著書に『ジャパンのために 日本ラグビー9人の肖像』(論創社)。共著に『ラグビー・エクスプレス イングランド経由日本行き』(双葉社)。

通常の取材リポートは「Yahoo!ニュース個人」の「ラグビーライターのしごと。」
(http://bylines.news.yahoo.co.jp/mukaifumiya/)をご覧ください。

ラグビーワールドカップ取材記
2015年11月1、2日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月31日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月30日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月29日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月28日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月27日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月26日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月25日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月24日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月19~23日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月18日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月17日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月13~16日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月12日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月11日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月10日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月9日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月8日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月7日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月6日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月5日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月4日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月3日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月2日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月1日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月30日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月29日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月25日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月24日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月23日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月22日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月21日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月20日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月19日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月18日


ページトップへ