From イングランド

ラグビーワールドカップ取材記

2015年10月31日

決勝戦です。トゥイッケナムスタジアムでは、カラフルな花火が飛び散ります。優勝候補のニュージーランド代表(オールブラックス)が、大勝負の際に繰り出すハカ、「カパ・オ・パンゴ」で魅せます。序盤からラグビーの肝のひとつ、肉弾戦で一進一退の攻防が繰り広げられます。

オールブラックスのブロディー・レタリック選手が、リッチー・マコウ主将が、オーストラリア代表(ワラビーズ)のマイケル・フーパーが、スコット・ファーディー選手が、ジャッカル(密集で敵選手が持つ球を奪うプレー)を試みます。そのまま球をもぎ取ったり、相手の反則を奪ったり。

もっとも、勝ったオールブラックスは強かった。あぁ、基本動作を貫く我慢強さよ!

マン・オブ・ザ・マッチに輝くスタンドオフのダン・カーター選手は、後半29分、鋭いドロップゴールでワンサイドゲームの入り口を作ります。24―17。その後もチームは、チームとしての攻守の規律を守り、34-17で勝ち切るのでした。

ノーサイド。表彰式で、マコウ主将がエリスカップを掲げます。去り際、試合前には披露しなかったいつものハカ「カマテ」で沸かせます。

取材後。広々としたプレスルームも、祭りの後の雰囲気です。会場で支給されたワインを飲みながら仕事をする方や、パソコンで流れる試合映像をヘッドホンなしで閲覧するグループもあります。楽しんでいます。僕も、ワインに口をつけてみます。身体が熱くなる濃度です。

僕はあと2日で、イングランドを発ちます。

著者紹介

向風見也
向風見也

1982年、富山県生まれ。成城大学文芸学部芸術学科卒。2006年よりスポーツライターとなり、主にラグビーのリポートやコラムを「ラグビーマガジン」「スポーツナビ」などに寄稿。ラグビー技術本の構成やトークイベントの企画・司会も行う。「現場での凝視と取材をもとに、人に嘘を伝えないようにする」を信条とする。著書に『ジャパンのために 日本ラグビー9人の肖像』(論創社)。共著に『ラグビー・エクスプレス イングランド経由日本行き』(双葉社)。

通常の取材リポートは「Yahoo!ニュース個人」の「ラグビーライターのしごと。」
(http://bylines.news.yahoo.co.jp/mukaifumiya/)をご覧ください。

ラグビーワールドカップ取材記
2015年11月1、2日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月31日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月30日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月29日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月28日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月27日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月26日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月25日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月24日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月19~23日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月18日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月17日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月13~16日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月12日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月11日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月10日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月9日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月8日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月7日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月6日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月5日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月4日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月3日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月2日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年10月1日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月30日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月29日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月25日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月24日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月23日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月22日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月21日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月20日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月19日

ラグビーワールドカップ取材記
2015年9月18日


ページトップへ