ストーリー

第1話 2013/07/13 放送


01

間違ったことを見逃さず、悪いことをする人にはきちんと注意するという正義感を貫く主婦・斉藤(観月ありさ)。彼女は、小学4年生になった息子・潤一(谷端奏人)を連れて、レイクタウン大鷹という住宅街に引っ越してきた。レイクタウン大鷹に住む主婦・摩耶(桐谷美玲)は、道で騒ぐ高校生の集団と出くわす。高校生たちは、摩耶の息子・拓海(橋本涼)にぶつかってきた。彼らは謝りもせず、摩耶に文句を言い出す始末。周囲には他の大人もいたが、みんな見て見ぬふりをする。そこに斉藤が現れ、高校生たちを叱りつける。高校生たちから威圧されても一歩も引かない斉藤に、摩耶は驚く。

潤一は、大鷹小学校4年3組に編入。そのクラスには、拓海もいた。そんな折、摩耶は、拓海からあだ名をつけられたことが原因で学校に来なくなっている子がいると聞かされる。いじめではないかと問題は大きくなり、4年3組の緊急保護者会が開催される。そこでは子供たちがあだ名を付けるのを禁止しようという案が出る。保護者たちがその案に賛成しようとする中、斉藤は納得できず、一人で反対の声を上げる…。

  • 02
  • 03