• 2008.04.15
「トップシークレット(前編)」
アメリカの現役大統領・リードが白昼に暗殺される事件が発生。衝撃的なニュースは世界中を駆けめぐった。暗殺の現場は、リードとサラ夫人の20回目の結婚記念日を祝う海辺のパーティー会場で、死因は背中を刺されたことによる失血死。
FBIはアメリカ全州から1000人に及ぶ警官を動員して捜査を始めるが、手掛かりは全く見つからない。追い詰められたFBIは、日本のMRI捜査に注目。
FBI側から捜査協力の要請を受けた薪ら第九のメンバーは、さっそく準備態勢を整えた。

まもなく、リック・アナミとマイケル・ジーンというFBI捜査官に護衛されたリードの脳が日本に到着した。脳は冷凍保存された完全な状態。
大統領の記憶にトップシークレットが含まれているとのことで、脳の運搬は厳重を極めた。

第九に運ばれたリードの脳は、薪や青木、アナミが見守る中、すぐさまMRI捜査が開始された。
モニターに最初に浮かび上がったのは、事件があった日の朝のリードの脳内映像。寝室のカーテンを開けるサラ夫人の姿や、一人娘・デボラと一緒の朝食の風景だ。
そして、再生されたのは、事件が発生する3分前からの脳内映像。現場のコテージが見える浜辺に行ったリードの視線は、背中を刺されたダメージで激しく揺れ、倒れた映像となった。

薪が注目したのは、その後のリードの行動だった。震える手で財布の中から白い紙を取り出したリードは、それをクシャクシャにして破り、海に捨てたのだ。白い紙をさらに分析した薪は、それが写真らしいと突き止めるが、それ以上は分からなかった。

リードは、疑問の余地がないほどの愛妻家で、サラと知り合ったのは高校時代。
1日の睡眠時間がわずか4時間のリードは、“神父”とも呼ばれるほどの真面目人間。
薪は、そんなリードの秘密をさらに追って——。

<ゲスト>
ジョン・リード大統領:宇垣秀成
サラ大統領夫人:宮川美保
リック・アナミ捜査官:相原嵩明
マイケル・ジーン捜査官:喜多川拓郎
  • INTRODUCTION
  • STORY
  • CHARACTER
  • CAST/STAFF
  • MUSIC
  • MOBILE

(C)清水玲子/白泉社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ