• 2008.05.13

第6話 「キヌコ(後編)」
別件を担当している曽我の資料写真をたまたま見た青木は、3年前に行方不明になっている高校生・池田達雄の姿が、露口の記憶にあると気付いた。露口が密かに調べ書き残していたメモによると、絹子の交友相手は全部で4人。そのうち、池田ともう一人の男が行方不明になった夜、露口は、絹子がシャワーを浴びているのを覗き見し、その服に付着した血痕を確認している。

青木は、露口に池田らの殺害の事実を知られた絹子が、全てを隠蔽するために計画を練り、それを実行したと推理。自分を愛している露口の心を逆手に取って一家惨殺を行い、露口の死刑を見届けたとにらんだ。

そんな中、絹子と交友のあった1人、13歳の少年・平井学が交通事故で死亡したとの連絡が入った。絹子がこの事故に絡んでいると見た薪は、直ちに学の脳のMRI捜査を指示。だが、学の両親に会った青木と岡部は、思わぬ壁に突き当たった。何と学は、生まれつき全盲だったため、MRI捜査をしても画像を得られないのだ。

学の脳のMRI捜査が出来ないと知る絹子は、池田、学ら4人の殺害を臭わせる。そして、露口から、幼い頃、性的虐待を受けていたことをほのめかした。

絹子が犯人だと確信しながらも証拠がないため、捕らえることができない第九の面々。だが、学が死亡した事故現場に行ってみた青木は、もう一つMRIの対象となる脳があることに気付いた。それは、事故で学と共に死んだ愛犬・ジップの脳。絹子の話から、学が事件現場に連れて行かれたと見た青木は、学といつも一緒にいたジップがその光景を見ているとにらんで・・・。

<ゲスト>
青木の父:西村知道
露口絹子:桑島法子
平井学:高城元気
学の父:宮林 康
学の母:宮川美保
キャスター(男):西嶋陽一

  • INTRODUCTION
  • STORY
  • CHARACTER
  • CAST/STAFF
  • MUSIC
  • MOBILE

(C)清水玲子/白泉社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ