contents_menu

出演者

林家 木久扇

落語界の愛すべきキャラクターである与太郎そのもので、大喜利には欠かせない存在である。好きな言葉は「入金」で、楽屋でも高座でも、お金儲けのことばかり考えている。ものまねのレパートリーも多く、嵐寛寿郎・片岡千恵蔵・大河内傳次郎‥‥皆さんあの世の人達ばかりなので、スタッフは似てるかどうか分からない。近々、孫を入れてトリプル襲名をして、全国興業でひと儲けしようとたくらんでいる。

芸歴

  • 1937(昭和12)年10月19日生まれ
  • 1960(昭和35)年8月、三代目 桂三木助に入門。桂木久男を名乗る。
  • 1961(昭和36)年、八代目 林家正蔵 門下に移り、林家木久蔵となる。
  • 1965(昭和40)年、二ツ目昇進。1973(昭和48)年、真打昇進。
  • 2007(平成19)年、林家木久扇襲名。

スケジュール

  • ・5月4日(祝) 13:00~15:30
  • アルテリッカ演芸座”近未来名人寄席”
    新百合ケ丘・新百合21ホール 044-955-3100 チケットセンター
  • ・5月7日(日) 13:00~15:30
  • 三越落語会特別企画”三越薫風寄席木久扇一門会”
    三越前・三越劇場 0120-03-9354
  • 早耳情報
  • ・7月15日(土) 17:30
  • 盛夏吉例 円朝祭(初日)
    銀座ブロッサム 042-394-5831