contents_menu

笑点大百科

1966年


5月15日

立川談志

毎週日曜日16:30~17:10の枠で放送開始。

「演芸」「談志とゲストの対談」「大喜利」の三部構成。
司会者と大喜利レギュラーの平均年齢は28歳、
真打ちは談志と円楽だけで、あとの4人は二ツ目だった。

大喜利レギュラー:
三遊亭円楽、桂歌丸、柳亭小痴楽(のち梅橋、故人)
三遊亭金遊(のち小円遊、故人)、林家こん平
座布団係:三升家勝松(現 桂文字助)

1967年

1月29日

座布団係変更 石井伊吉 (毒蝮三太夫) に交代。

1969年

11月9日

前田武彦

出演者が大幅に変更される。

現在も親しまれているオープニングテーマ曲
『笑点のテーマ』が披露される。作曲は中村八大。
実は、二代目司会者・前田武彦の作った詞もあった。

大喜利レギュラー:
三遊亭歌奴(現 三遊亭円歌)、三遊亭金馬、
桂歌丸、三遊亭小円遊(故人)、三升家勝二(現 三升家小勝)、
柳家さん吉、柳家小きん(現 柳家つば女)、林家木久蔵

座布団係変更
三遊亭笑遊 (現 三遊亭円遊) に交代。

1970年

12月20日

三波伸介

司会が三波伸介に交替。




6月21日

座布団係変更
桂米助 小野千春 に交代。

7月18日

座布団係変更
松崎真 に交代。

1971年

8月1日

小円遊 座布団十枚獲得!

1973年


2月17日

ちびっこ大喜利で人気となった、
山田隆夫、新井康弘、江藤博利、
今村良樹で結成された「ずうとるび」がデビュー。


8月26日

日本テレビ開局20周年記念特番として、「笑点まつり」を放送。
演芸界全体に呼びかけて、役目を終えた古座布団を集め、
浅草寺において読経と奉焼で供養。
そのあと、メンバーが花魁に扮して仲見世を練り歩いた。
さらに、境内の仮設舞台で大喜利が行われるという、
一大イベントであった。


10月21日

歴代最高視聴率40.5%を記録。(※ニールセン調べ)

1974年

5月19日

小円遊 座布団十枚獲得!

1975年

5月4日

小円遊 座布団十枚獲得!

9月7日

歌丸 座布団十枚獲得!

1977年

1月23日

木久蔵 座布団十枚獲得

1978年

4月30日/5月7日

日本テレビ開局25周年記念特番として、
「笑点 亜米利加寄席」を2回にわたって放送。
サンフランシスコ桜祭りに協賛して行われた、笑点初の海外公演。
パレードへの参加や、路面ケーブルカーを1台借り切ってのクイズなど、
スケールの大きなスペシャル番組となった。

1983年

1月2日

愛川欽也

正月特番として60分の放送。
司会は、愛川欽也と林家こん平。

1983年

1月9日

三遊亭円楽

4代目司会者として、
三遊亭円楽が番組に復帰。

大喜利レギュラー:
桂歌丸、林家こん平、林家木久蔵、林家九蔵(現 三遊亭好楽)、
三遊亭楽太郎、古今亭朝次(現 桂才賀)

1984年

10月7日
座布団係変更
山田隆夫 に交代。

1988年~

4月3日

大喜利レギュラーメンバーが変更。

司会:三遊亭円楽

大喜利レギュラー:
桂歌丸、林家こん平、林家木久蔵、三遊亭好楽、
三遊亭小遊三、三遊亭楽太郎

座布団係:山田隆夫

2006年

5月14日

三遊亭円楽

最後の大喜利司会を終え、番組勇退。

5月21日

桂歌丸

5代目司会者として、
桂歌丸に交代。

林家こん平
長期療養中にて代役の林家たい平が正式にメンバーに。

大喜利レギュラー:
三遊亭小遊三、三遊亭好楽、林家木久蔵、春風亭昇太、
三遊亭楽太郎、林家たい平

2007年

9月

林家木久蔵
>> 林家木久蔵から林家木久扇へ

2010年

3月

三遊亭楽太郎から六代目 三遊亭円楽襲名。

2016年

5月22日

桂歌丸

生放送の大喜利司会を終え、番組勇退。
終身名誉司会者に。

5月29日

春風亭昇太

6代目司会者として、
春風亭昇太に交代。

林家三平が新メンバーに
林家たい平が「24時間テレビ39」チャリティーマラソンランナーを務めることを発表

大喜利レギュラー:

三遊亭小遊三、三遊亭好楽、林家木久扇、林家三平、
三遊亭円楽、林家たい平、山田隆夫