まじすか

#397

KAT-TUN中丸雄一 まじっすか発明アワード②

KAT-TUN 中丸雄一 まじっすか発明アワード 第2弾

<コーナー内容>
驚きの発明品を紹介していき、番組リポーター KAT-TUN中丸雄一を驚かせる企画。
色々な大学教授や、大学生、研究員が考えたとっておきの技術を紹介していきます。

ノーベル賞のメダルは純金を使用したメダルだが
控えめ予算でお送りしているまじっすかはで税込2592円のメダルが1個を渡し
授与したのちに回収している。

【エントリーNo.1『第三の腕』】
20190408023557.png
中丸の母校でもある早稲田大学教授の岩田浩康の研究品
20190408023513.png

誰かの手を借りたいときに便利な発明品
①レーザーポインター&センサー付きメガネを使用していて
   センサーで方向と距離を認識している。
②GO = 板を押さえるなど、声と動きを事前に登録する。

上記の①②の機能があることによって
顔を向けたところに腕が来るように命令ができる
自分の意のままに操れる第三の腕

総重量約7kg
柔軟な3本の指で柔らかい物もつかむことができる。


【エントリーNo.2『Octo Chef』】
20190408023719.png
国立大学の東京農工大学の敷地内にあるベンチャー起業

コネクテッドロボティクス代表取締役 沢登哲也さんが開発した発明品。
コネクテッドロボティクスは、東京農工大学との共同研究をしているベンキャー企業

沢登さんは東京大学在学中に、ロボットコンテストで日本一になった経験を持つ。

アームや鉄板など、すべてコンピューターで制御している。

<ロボットの作業工程>
・油と生地を機械に投入し(自動)
・油を鉄板に入れる(自動)
・鉄板を振動させて油をなじませて(自動)
・生地を鉄板に入れる(自動)
・生地に具材を投入する(自動)
・具材の準備(人間)
・鉄板の振動とピックでひっくり返して焼く(自動)
・焼き具合はコンピューターがチェックする(自動)
・鉄板から取り出して(自動)
・盛り付けたら完成(人間)

2018年7月からハウステンボス(長崎県)で稼働している。
また、大手たこ焼きチェーンからも声がかかっている。

【ソフトクリームロボット『レイタ』】
自動でソフトクリームを巻くロボット
スタジオでクイズで出題


  


バックナンバー

バックナンバーをもっと見る>>

番組アカウントはshu1tvです!番組ハッシュタグは#shu1tvです!