まじすか

#416

KAT-TUN 中丸雄一 1人オーケストラへの道 五輪ソング編

中丸が、見た目や音色などにインパクトのある「まじっすか!?」な楽器を
限られた時間の中で教わり、最後に1人で合奏に挑戦する、人気企画の第8弾!
今回は、開催まで1年を切った東京オリンピックに向けて、五輪ソングを演奏!

【挑戦した楽器】
■パンフルート
 

先生:パンフルート奏者 大束晋(おおつかすすむ)さん
  <楽器の特徴>
  ・ルーマニアの民族楽器でギリシャ神話に登場したとされる管楽器。
  ・特徴は、長さの異なる竹が連なり、短くなるにつれ高音が出る仕組み
  ・ポイントは筒に向かって姿勢を崩さず垂直に息を吹きかけること

■箒(ほうき)ギター

先生:箒ギター開発者  久保翔平さん(楽器メーカー「ローランド株式会社所属」)
  <楽器の特徴>
  ・誰もが一度はやったことがあるホウキをギターに見立てるアレを
   過去に、実際音がでるように改造した
  ・仕組みは、柄の部分にドレミの音階が出るボタンを設置。
   ホウキ部分に振動センサーをつけその振動に反応して音が出るというもの

■揚琴(ヤンチン)

先生:揚琴奏者 龍紀佑(りゅう のりすけ)さん
  <楽器の特徴>
  ・中国の民族楽器。打弦楽器と呼ばれるもので、竹製のばちで弦を叩くことにより
   繊細な音を奏でている
  ・以前似た楽器「ハンマーダルシマー」をやっているが、それよりも弦の数が多い

【今回の課題曲】
♪栄光の架橋/ゆず



バックナンバー

バックナンバーをもっと見る>>

番組アカウントはshu1tvです!番組ハッシュタグは#shu1tvです!