2009年4月14日

映画『レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―』の巨匠・ジョン・ウー監督がTVアニメ「蒼天航路」に声優で特別出演!4月28日(火)日本テレビにて放送!!

ジョン・ウー監督

三国志を題材にした映画『レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―』とアニメ「蒼天航路」の特別企画として、『レッドクリフ 』のジョン・ウー監督に、アニメ「蒼天航路」のワンカットに声優として特別出演していただきました。
監督は、今回がアニメのアフレコは初挑戦です!

その体験の模様とコメントは番組のミニ情報コーナーにて4月21日に放送し、アフレコして頂いた本編は第4話「炎の宴」にて4月28日に放送します。

本放送のみの特別企画※。本編後半、曹操が舞いを踊るシーンに要注目!!

(※ジョン・ウー監督の声優出演はテレビ放送だけの特別企画で、DVD、Blu−rayには収録されません。)

【ジョン・ウー監督、コメント】

Q1.アニメ声優挑戦は初めてでしょうか?
アニメは初めてです。
Q2.アフレコ挑戦しての感想はいかがでしょうか?
面白かったです。観て下さる観客のことを考えながら、アフレコに試みたので(自分の中では観客との)一体感を感じました。光栄です。
Q3.アニメ「蒼天航路」だと曹操が主役ですが、曹操の印象をどうお持ちでしょうか?
非常に才能のある戦略家、文学者であり、ロマンを知っている男です。
Q4.最後に映画「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」とアニメ「蒼天航路」のPRをお願いします。
(アニメ「蒼天航路」の曹操は、)非常に勇ましくて志の高い人物と感じましたし、ユニークな人です。元々の三国志の曹操よりはずっとかっこいいです。本当に夢を大きく持っている男だと思います。「レッドクリフ」の中の曹操も多様性 を持っていて、非常に人に対する気持ちも大胆に表現しますが、孤独な一面もあります。
原作の曹操は背が低くてあまりかっこよくないですけれども、それぞれの作品の曹操はかっこいいし、ユニークです。
是非そこを観て欲しいです。

『レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―』

ジョン・ウー監督(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.

戦いだけでは終わらない。奇蹟のラストを見逃すな!
男たちの結束が揺らぐとき、女たちの勇気が未来を変える。

2000隻の船と80万の大軍の圧倒的兵力で「赤壁」の対岸に大陣営を構えた曹操。
対する孔明と周瑜が率いる連合軍は前線により兵も村人も傷つき、食料も不足。
そして、ある事件を機に、民を想う劉備は撤退を決意。
戦い抜くと決めた周瑜と孫権。信じ抜く小喬・・・。
崩壊寸前の連合軍だが、智略と信頼で絶体絶命の大ピンチに一つの勝機を見出した…。
それぞれの思惑が交錯するなか、三国志最大の激戦、「赤壁の戦い」の火蓋が遂に切って落とされる!

昨年の秋、公開して興行収入50億円を突破した大ヒット映画『レッドクリフPart I』の完結編である本作は、2000隻の船が燃え上がる大迫力のアクションシーンはもちろん、心に訴える勇気のドラマも見所。
未来は、希望。それぞれが必死で勇気を示し、感動のラストに向かう奇蹟の物語であり、「レッドクリフ」を通して、ジョン・ウー監督は信じることの大切さを伝えている。

TOHOシネマズ日劇ほか大ヒット上映中!

URL:www.redcliff.jp