MOVIE

放送内容

#24

2019.3.16(土) OA

AYUMI TAKAHASHI
(イラストレーター)

 

ニューヨークタイムズや有名ブランドから
依頼が来る彼女

彼女の作品は都内のシェアオフィスで生み出されている。

オープンなスペースのため、積極的に話しかけたり、
常にそこに行けば、新しい友達を作ったりと
新しい刺激をもらえる。

彼女が入居する、中目黒の“みどり荘”は
利用者の4分の1が外国人。
定期的にランチ会をし、
違う職種の人たちと交流の場を設けている。

会社であれば、自分の意見を我慢するところ、
シェアオフィスでは上下関係がなく、
気軽に相談できたり、効率良く仕事ができる。

そんなアユミタカハシのターニングポイント・・・
それは、初めてシェアオフィスで作品を作った時。

コンセプトを考える時、一人だと限度があるが、
シェアオフィスでは自分が描いている絵を誰でも見れるため、
他の人と交流している中で新しいアイデアが生まれ、
自分の想像以上のものが生まれたりする。

アトリエは開かずシェアオフィスを選び、
角度の違う意見や感想が彼女に刺激を与える。

イラストレーターAYUMI TAKAHASHIのライフストーリーで
大切にしているコトは?

あなたのライフストーリーとは?

「刺激的な環境に身を置く」

シェアオフィスは、違う文化や人種と
身近で触れ合える刺激のある環境。
こういう環境じゃないと、私は仕事できないと思います。