焼き鳥ニュース!

January 8, 2009

昨年、取材したけれども伝えられずにいてしまったニュースを1つ。

東北地方を中心に大きな広がりを見せている体操をご存じでしょうか?

IMG_0202.JPG

♪~やきとり、やきとり、やきとりじいさん~♪
なんともほんわかと、ゆーーーったりとした感じの歌にのせて・・
(といっても活字なのでその感じを直接はお伝えできませんが・・・)
その名も『やきとりじいさん体操』。

IMG_0213.JPG

考案したのは、福島県福島市で体操の指導をしている岡田麻紀さんです。

13年前、『スリムになろう!』とあらゆるダイエット法を繰り返していた岡田さん。
しかしどれも自分に合わず、最終的に『自分で考案しよう!』という結論に達しました。
そんな時に『びびっ!』と来たのが、『やきとりじいさん』という歌。
『楽しく、笑顔で続けられる体操』を目指していた岡田さんにとって
打ってつけの曲だったということです。
『子供から高齢の方まで愛されるリズム』がいいだけではなく、
『10年以上やせることが出来なくて、考えていたことが見事に歌詞に表れている』と、
歌詞の一つ一つに感銘を受けたと岡田さんはいいます。
こうして体操ができあがりました。
特徴は『分かりやすく、覚えやすく、すぐに出来ちゃうところ』。
もちろん、『焼き鳥』や『鳥』をイメージしたふりになっています。

たとえばこれが、串刺しのポーズ。
IMG_0210.JPG

こちらはねぎまのポーズ。
IMG_0209.JPG

地元福島県内で、健康教室や病院、イベント、講演、店舗などで披露しているうちに浸透し、子供たちも一度聞いたら『焼き鳥焼き鳥』と口ずさむほど人気になりました。
新聞やテレビでも連日取り上げられ、県内で大ブレイク。
さらに、動画サイト『YOUTUBE』に掲載され、朝日新聞の全国版に取り上げられたことで、全国にその名が広がっていきました。
そして昨年8月、初めて福島県外でお披露目することになりました。
東京・江戸川区で開かれたイベントで、全国から集まった会場の人たちを巻き込んで
『やきとり!やきとり!』と体を動かしていました。

IMG_0215.JPG

会場は、笑顔に包まれ、みなさん楽しそ~に体を動かしていました。

IMG_0203.JPG

会場が一体となった東京初進出の感想を岡田さんは・・・

『大空を飛んでいるような、気持ちいい瞬間だった』
『もともと笑顔のために、みんなが楽しくなるために作った体操なので広がっていけばいいなと強く思っていた。これがこうして実現したことを感謝している』
『この体操も、やろうと思った方、すごくいいよと言ってくださった方がいるから広がっているので、一人一人に感謝しています』

IMG_0212.JPG

取材中、言葉の端々に出る『笑顔』と『感謝』の思い。
その背景には、南太平洋に浮かぶ、ニューカレドニアに近い島国、世界で一番幸せな国といわれる『バヌアツ共和国』に、JICAの一員としていた3年間の体験があるのだと、岡田さんは話してくれました。

『本当に物も何もなくて、先進国と違って何もない中で皆さん笑顔で生きてらっしゃるんです。やはり、幸せに生きるのは、笑顔で生きることだと思った』

このときの体験が『やきとりじいさん体操』につながったといいます。

その思いがにじみ出ているのがここのふり。バヌアツで見た鳥だそうです
IMG_0206.JPG
IMG_0208.JPG

なお、この体操について、こうも話してくれました。
『小さいスペースで誰でもすぐに出来てしまうので、運動不足だなと思っている人、体重を落としたい方とか、自分の体に少し刺激を与えたいと思っている人もちろん、
腰を動かす部分が多いので最近言われている『メタボ』の人には是非ともやってほしい』

体操を始めて『ジーパンのサイズが2つも下がった』『肩こりが治った』という感想を聞くとうれしいという岡田さん。
今後はネット上だけではなく、『生』でも体操を披露したいと話していました。
『私自身もいろんな人の笑顔をみながらやるのが楽しいので、一緒にやっていきたい。』

そうそう、焼き鳥のネタは『ハツ』、『レバー』が好きだと言うことです。

投稿者:スタッフN・K

COMMENT

えこさん

こんにちは。初めてコメントをします。ブログの内容を読み、本当に幸せな人は、いつも笑顔でいますね。 みんなで いたら物やお金は、最小限必要なだけあればいいのですよね。
東京や都会にいると、金・金・金!とお金の亡者になっている人を 見かけます。
かわいそうな人です。その人達に、このブログを読んでほしいですね。 (×Θ×)

| 1:56 AM February 23, 2009 |

コメントはこちらから

ニックネーム
コメント
下記の投稿に関する注意事項をお読みになり、ご了承の上、投稿してください。
<注意事項>
  • ●下記に該当する投稿は禁止します
  • ・個人、団体などへの誹謗・中傷、わいせつな内容など、公序良俗に反する投稿
  • ・著作権その他の知的財産権、プライバシー権、肖像権などの他人の権利を侵害する投稿
  • ・個人情報、メールアドレスなどを含む投稿
  • ・その他不適切と思われる内容を含む投稿
  • ●投稿の内容が上記に該当するか否かの判断及び投稿の採否は、当社の裁量によるものとします。
  • ●投稿は当サイトのほか、放送、携帯サイト、DVD、出版など他の媒体で、そのままもしくは編集や表現の一部改変等をして掲載する可能性があり、いずれの場合も無償かつペンネーム表示で使用させていただきます。
  • ●投稿の内容は、すべて投稿者の責任であり、第三者からの権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求には、日本テレビは一切責任を負いません。