芸能デスックリーン

神は死んだのか  God's Not Dead 2014.12.22

 ここのところ「神」「ゴッド」と名のつく映画が多い。来年1月には『エクソダス:神と王』、『サン・オブ・ゴッド』のようにそのものズバリ「神」を扱うものや、『神さまの言うとおり』、『神様はバリにいる』のようにおまじないや比喩としてタイトルに付けるものなど・・・。
 そして今回の『神は死んだのか』は、敬虔なクリスチャンの学生と無神論者の大学教授のディベートがメインの映画である。キリスト教信者が総人口の1%も満たない数しかいない日本ではかなり取っつきにくいテーマではあるが、“へぇ”がいっぱいあり面白い。

 弁護士資格を取ろうと法学部に入学したジョシュは、哲学を教えるラディソン教授のクラスを受講する。ラディソンはカミュ、ドーキンス、フロイト、チョムスキーら偉大なる詩人、科学者、思想家が無神論者だと言うことを引き合いに出し、自分の講義を受ける者は神の存在を否定する宣誓書の提出を迫る。単位を落としたくない受講生は配られた紙に教授の言うとおりの「God's Dead」とサインし提出するが、敬虔なクリスチャンでもあるジョシュはそれを拒む。するとラディソンはマゾヒスティックな笑みを浮かべ「ならば私とこの生徒らの前で神の存在を証明したまえ!」と言い放つ。講義の時間を使用して自分を論破してみろ、というのだ。下手に反発して弁護士資格をもらえなかったら困るが、自分の信念も曲げたくない・・・。追いつめられたジョシュは知人の神父に力を借りたり、図書館から神学の本を大量に借り猛勉強する。

 本作は全米の大学で実際に起こった信仰に関する訴訟事件に触発されて製作された映画である。

 19世紀の終わりにドイツの哲学者ニーチェの「聖書は虐げられた者のルサンチマンであり、弱者の傷の舐めあいだ」と信仰を否定した「神は死んだ」宣言。科学の進歩によって信仰はますます軽んぜられる。UFOや宇宙人のように「神は存在しない」といってしまう方が簡単である。存在する物的証拠を提出するのは非常に困難であるからだ。でも人間は切羽詰まって二進も三進もいかなくなった時に、愛する者が他界しそうな時に、思わず叫んでしまうのが「神さま〜!」である。まさに神頼み。誰もが一度はか「神さま助けて!」と願ったことがあるはずだ。
 このラディソン教授も元々クリスチャンではあったが、母の死を助けてくれなかった、あれほど神にお願いしたのに・・・。それで神を憎むようになったのだ。私が思うに神は「助けてくれる」存在ではなく「導いてくれる」者だと思うのだが。ジョシュはラディソンの「神が憎い」と言う言葉を聞き出したからシメたもの。「存在しないものを憎めますか?」と切り返す。さしずめ検事がラディソン、弁護士がジョシュ、受講生が陪審員の法廷劇のようなもの。この裁判、ジョシュの勝利である。生徒が教授を、最初はやり込められるが後半はコテンパンに打ちのめすのは小気味いい。

 ジョシュとラディソンのディペートが本筋であるが、宗教がらみの小エピソードも絡んでくる。イスラム教で育ったがアメリカの大学でキリスト教にのめり込み、親に勘当されるアラブ女性、無神論者である夫の考えに着いていけなくなり離婚するラディソンの奥さん、がん宣告を受け神に傾倒していく元々無神論者のジャーナリスト、届けられたレンタカーがことごとくエンストし苛つく神父をこれも神の思し召しと諭す友人・・・。
 まあこの映画、キリスト教のプロパガンダのようなもので、ちょっと度が過ぎるなと思う点もある。特に最後、天罰なのか交通事故にあって瀕死のラディソンに、神父の言う言葉が止めを刺す「ここにいる誰よりも早く神に会える」。


☆『神は死んだのか』2014年12月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷他にてロードショー
配給:シンカ
© 2014 God's Not Dead. LLC