芸能デスックリーン

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)  2015.04.09

 かつてマイケル・キートンはスタンダップ・コメディアンとして芸能界入りし、1988年ティム・バートン監督と組んだ『ビートルジュース』で人気者となり、1年後再びバートン監督とタッグを組んだ『バットマン』が大当たり、人気を不動のものとしたが、その後出演作にも恵まれず、不遇の時代を送っていた。そんなマイケル・キートンをモデルにしたかのような作品がこの『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(以下『バードマン』)』だ。『バッドマン』が『バードマン』・・・。まるでキートンを当て書きしたようだ。

 スーパーヒーロー映画『バードマン』の主役で一世を風靡した俳優リーガン(キートン)だが、シリーズ4作目の出演を断ってからの20年間、すでに世間から忘れられた存在になってしまった。そんなリーガンが今取り組んでいるのが、自ら脚色を書き主演をするというブロードウェイ舞台『愛について語る時に我々の語ること』だ。これは自らの再起をかけるばかりではなく、ドラッグ依存症の娘サム(エマ・ストーン)との仲も修復できると願っていた。しかしプレビュー公演の前日、共演者の頭にライトが落ち大ケガ。早くも困難がリーガンの前に立ちはだかる。さらにかつての自分・バードマンが現れ耳元で囁く「こんなクソ芝居やめて、派手なバードマンをまたやろうぜ」。
 もうひとりの共演者レズリー(ナオミ・ワッツ)がケガで降板した役者の代役を見つけてきてくれた。批評家の受けも良く、ある程度の客を運んでくれる実力舞台俳優マイク(エドワード・ノートン)だ。いざ稽古を始めると、セリフの覚えは完璧、リーガンのセリフまで暗記している。新の舞台俳優はこんなものかと感心するが、その裏ではとんでもない人格の持ち主だった。リーガンの書いたセリフを「古い」「長い」と勝手に変えてしまうし、ギャラは4倍要求、さらにはサムを口説こうとする。お陰でプレビュー公演はグダグダになり、リーガンの精神もギリギリの所まで追いつめられる。さらに追い打ちをかけたのが娘サムの一言「ツィッターもフェイスブックもやらないパパなんて、とっくに忘れられている!」。失意で向かったバーで遭遇したのは、彼女の一文で舞台がロングランするか打ち切りになるかが決まるといわれている高名な舞台評論家タビサ(リンゼイ・ダンカン)。映画スターが舞台に上がることを嫌うタビサは「史上最悪の批評を書くわ」とリーガンに告げる。
 そしてついに初日の舞台の幕が上がる・・・。

 ストーリーは初日の幕が上がるまでのドタバタぶりを面白おかしく書いている所謂バックステージ物だ。そこに主人公のバックグランドを際だせ、娘とも完成の修復などの人間ドラマを加えている。

 リーガンが元スーパーヒーロー役者も設定として面白い。随所に超能力が使えるシーンが出てくるが、それは決別したはずのバードマンの幻影がまだリーガンの中に残っていることを意味する。確かに日本でもヒーロー物をやった俳優は、今ではイケメン俳優として持て囃されているが、一昔前では一段低い役者と見られていた時代があった。そんな立場であったリーガンも必死にそこから抜け出そうともがく姿が哀愁を帯びる。この映画の主要メンバー3人、マイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーンがそれぞれ、『バットマン』、『インクレディブル・ハルク』、『アメイジング・スパイダーマン』というアメコミヒーロー映画の出演者というのも面白い。

 監督はメキシコ人のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。『21グラム』や『バベル』、『BIUTIFUL ビューティフル』を撮った賞獲り監督だ。彼が今回組んだ撮影監督がこれまたメキシコ人のエマニュエル・ルベツキ。『ゼロ・グラビティ』のカメラマンだ。今回特筆すべき事が、この映画“ワンカット”で撮られている点。プレビュー公演前日から初日までという4.5日間を120分ノーカット(のよう)に見せている。これはカメラマンの力量もそうだが、ハンパない長さのセリフを途中噛んだり、ミスしたらまた始めからというプレッシャーに堪えられる役者にも大きな負担がかかる。よく見ると暗転したところとか、CG処理でシームレスにした所がわかるが、そんな粗探しをしていたらストーリーを見失うのでやめた方がいい。でもこのノーカット撮影がストーリーとどう絡んでくるのかがよく分からなかった。凄いけどね。

 また劇中、音楽というかメロディーがほとんどない。アントニオ・サンチェスの叩き出す雄弁なドラムの音のみである。これがリーガンの鼓動のように聴こえ、内面に入り込める。

 『レスラー』でミッキー・ロークを蘇らしたように、マイケル・キートンもこの映画で次なるステップに踏み込めるだろう。
 

☆『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』2015年4月10日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー〈PG12〉
配給:20世紀フォックス映画
© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.