TOPページへ

トリハダリアル!〜本当は怖い○○〜

title

トリハダリアル!〜本当は怖い○○〜

Date

2009年9月5日(土)14:00〜15:00

番組概要

誰もが知る出来事、歴史、名画・・・
それらに隠された恐怖の物語!
トリハダものの本当のお話・・・
あなたはもう、“怖い”から目をそらすことは決してできない!
さぁ、常識が180度変わるミステリーの扉を開きましょう・・・。

放送内容

恐怖の案内人が紡ぐ、
本当は怖い話の数々・・・。
世の中に知られている「名画」「作品」「モノ」「文化」などの裏側に隠された謎を
「怖い」という目線で紹介する、知的ミステリー番組です。
恐怖の案内人は、館にいる一人の美しい少女。少女が紹介するお話は5つ。

■ストーリー1・・・
「本当は怖い饅頭」 饅頭の起源は意外な怖いものだった!

日本人に愛される甘いお饅頭。その起源を知っていますか?
饅頭はもともと中国で生まれました。その生みの親はなんと、あの三国志の諸葛孔明。
しかも美味しくて甘いお饅頭・・・、実は血が滴る生首の代わりだったのです・・・。

■ストーリー2・・・
「本当は怖いソムリエ」 ソムリエは命をかけた職業だった!

フレンチレストランでワインを選ぶお手伝いをする「ソムリエ」。
そんな気品高い職業は、もともと命がけ・死と隣り合わせの危険な仕事だったのです。

■ストーリー3・・・
「本当は怖い山手線」 山手線はある怨念を封印している!

東京をぐるぐると回る山手線。実は山手線にはある別の役目があることをご存じですか?
それは「平将門の怨念封じ」
今回その謎に迫るのがカンニング竹山と、日本テレビ脊山アナウンサーが迫ります!

■ストーリー4・・・
「本当は怖い白鳥」 白鳥は強暴な野獣!

優雅に湖を泳ぐ白鳥。しかし、
「白鳥に骨を折られた!」「白鳥に殺された子供もいる!」
その事実をあなたは信じられますか?

■ストーリー4・・・
「本当は怖い絵画」 芸術的な絵画の本当の姿!

日本テレビ豊田アナウンサーが見ているのはブリューゲルの1枚の名画。
兵士たちと、村人が書かれているのだが、なんだか少し違和感があるこの絵。
村人たちは壺を抱えて泣いていたり。鍋に向かって手を合わせていたり・・・。
この絵を謎を解明するべく、ブリューゲル専門家の元へ行くと、なんとこの絵は
何者かによって描きかれられたものだと言います。
本当にこの絵に描かれていたものとは!?驚愕の真実がそこにはあったのです!!

この世にはたくさんの本当は怖い話がある。
知らないほうが良かったかな・・・

ケッケケッケ・・・・