TOPページへ

「速報!新発見を新発見TV」〜ニュートロンブスのタマりんご〜

title

「速報!新発見を新発見TV」〜ニュートロンブスのタマりんご〜

Date

2013年5月25日(土)13:30〜14:30

出演者

【MC】タカアンドトシ
【進行】馬場典子(日本テレビアナウンサー)
【パネラー】三遊亭小遊三、榊原郁恵、東貴博
【解説】長沼毅、おおたわ史絵

番組概要

日々、世の中で見つかっている驚きの「新発見」を
いち早く!世界中から集めて!!
どんどん紹介していく、楽しくタメになる「新感覚 情報バラエティー番組」です。
ニュートンやコロンブスが生きていたら絶対、見たかったテレビ!!
身体・健康、新種生物、地震などなど、さまざまな新発見をご紹介します。

放送内容

■ホタルイカで肝臓脂肪が減る!? <2013/5/25>
発見者は、富山短期大学食物栄養学科の竹内准教授らの研究グループ
動物実験により、ホタルイカには肝脂肪の改善効果があると分かった。

■コーヒーの飲み方で寿命が伸びる!? <2013/3/22>
発見者は、アテネ大学医学部の研究チーム
イカリオ島で生まれ育った65歳以上の島民71人について調べたところ
ひいたコーヒー豆を水に入れて、
沸騰させて作る“ギリシャコーヒー”を毎日飲んでいる人は、
内皮機能が良好であることが分かった。

■将来の年収は、7歳で決まる!? <2013/5/8>
発見者は、エジンバラ大学大学院生のスチュアート・リッチー
1958年から現在までに生まれ
イギリスに住んでいる約1万8000人のデータを分析したところ
7歳の頃に、算数と国語の成績がよかった人は、35年後(42歳)の年収が高く
立派な家に住み、よい仕事に就いている傾向のあることが分かった。

■握るだけで記憶力UP!? <2013/4/24>
発見者は、モントクレア州立大学研究チーム
左右のこぶしを握る・全く握らない等、5つに分けて、記憶テストをおこなったところ
右こぶしを握り締めると、起こった出来事や行動のより強い記憶形成を助け、
左こぶしを握り締めると過去の記憶を思い出すことを助ける可能性があると分かった。

■親のだ液でアレルギー予防!? <2013/5/6>
発見者は、スウェーデン・クイーンシルビア小児病院小児科のビル・ヘッセルマーさん 他
親がだ液で洗浄したおしゃぶりを赤ちゃんにくわえさせることで
アトピー性皮膚炎や喘息の発症者が少なかったことが分かった。

■栃木は昔アメリカだった!? <2013/4/2>
発見者は、葛生化石館 スタッフ 奥村さん 他
アメリカ テキサス州で多く発見されている“クーペリナ属”の化石が
栃木県佐野市の石灰岩地帯(鍋山層)で発見された。
昔、鍋山層はアメリカ テキサス州と同じく赤道付近の島だったと推測され、
長い時間をかけて大陸が分かれ、現在の日本列島が出来上がった可能性がある。