放送内容

File.10

2012.6.16 OA

世界を魅了!三味線コラボ

  • 画像

    画像

    画像

  • 今回の「TEAM FOR JAPAN」は、津軽三味線の音色で世界を変えようとしている、はなわちえ。
    9歳からはじめた三味線で、17歳の時には史上最年少チャンピオンに輝く。
    そんなはなわが、今でも行っている特訓がある。それは、「中腰になりながら三味線を弾く」こと。

    「太ももがプルプルいってつらい・・・」
    という事だが、中腰になると腕に力が入るので、
    男性にも負けない強い音色を出すためには欠かせないという。

    こうして磨いてきた三味線をもっと広めたいと、海外公演にも参加。 しかし、三味線の音色ではなく、はなわが着ている着物姿ばかり注目されていた。

    そこで、三味線を聞いてもらうために、着物からスカートに衣装を変える。 さらに、バイオリン、アコースティックギターといった外国人となじみ深い楽器とあえてコラボする事で、三味線の音色を際立たせようとした。 すると「今までは、固唾をのんで聞いていた人も、楽しんでくれるようになり、三味線について質問してくれたりと、少しずつ音楽を聞いてくれるようになった」と言う。

    そして最後に、はなわは、こう語る。
    「音楽を通じて、日本文化が持つ奥深さを伝えていきたい」