放送内容

File.11

2012.6.23 OA

農業再生の仕掛け人

  • 画像

    画像

    画像

    画像

    画像

  • 今回の「TEAM FOR JAPAN」は、ニッポンの農業再生の希望と言われれている農業プロデューサー・宮治勇輔。

    彼にはある思いがあった。
    「若い農業の担い手が少ない。このままでは、衰退の一途を辿ってしまう」
    そこで、農業を再び活性化させるために宮治が注目したのが、農家を継がなかった子供たち。
    しかし、現状は「キツい・汚い・危険」と乗り気ではなかった。
    宮治は「農業を感動があって、稼げる、カッコイイものにしたい」と思いから行動に出た。

    まずは、客が自分たちの作物で喜んでくれて感動出来る市場を作った。

    続いては、販売ルートの開拓。
    その1つが、レストランを経営し、食材を食べてもらう事で、宅配の受注や店への納品につなげる。

    こうして…生産から販売まで、自分でプロデュースする事で農業という職業に誇りを持ってもらえたらと思ったのだ。

    こうした宮治の取り組みで農家を継いだ人は数千人とも言われている。
    そんな宮治は最後にこう語った。
    「夢と希望を持って農業をしていけるようなそういう風になっていけば、もっとニッポンは魅力的な国になっていくんじゃないかと思う。」