放送内容

File.28

2012.10.27 OA

日本の技術で生態の謎に迫る

  • 画像

    画像

    画像

    画像

    画像

  • 今回の「TEAM FOR JAPAN」は、
    日本の最先端の技術で
    海洋生物の生態に迫る奥山隼一。
    アメリカ南西部カリフォルニア州のサンディエゴは、
    温暖な気候で世界中から多くの人が訪れる人気のリゾート地。
    この地で、奥山は世界トップレベルの海洋生物研究を行っている。
    絶滅危惧種・アオウミガメの生態は、長い間謎に包まれていたが
    奥山は、ある画期的な方法で謎を解明した。
    それは、小さなカメラを子亀のごとく甲羅の上に装着し、ウミガメの目線で撮影したことだ。
    この手法は、日本が生みだした最先端の研究術であり、『バイオロギング』と呼ばれる。
    その映像からさまざまな発見が相次いだ。
    アオウミガメは食事を、朝晩、2回規則正しくご飯を食べている事。
    息継ぎをしながら進む方向を確認する習性がある事。
    奥山氏はこう語る
    「バイオロギングで、絶滅危惧種をはじめとした水産資源の保護をリードしていきたいですね」