放送内容

File.33

2012.12.01 OA

バングラデシュで「ドラゴン桜」大学生

  • 画像

    画像

    画像

    画像

    画像

  • 今回の「TEAM FOR JAPAN」は、 日本の学習方法で世界を貧困から救う大学生、税所篤快。
    慢性的な貧困問題を抱える、バングラデシュ。
    貧困層は、満足な教育が受けられず、大学に進学することが難しい。
    すると、低賃金の仕事に就くしかないため、貧しい生活が続く。
    この「負のサイクル」を解決しようと立ち上がったのが、大学生の税所篤快。
    彼は、農村部の教育現場で驚きの現状を知った。
    「バングラデシュの農村部では本当に先生が足りなくて村の高校では、1人の先生が70人、80人の生徒を教えてたんです。」と税所氏は話す。
    そこで、先生不足を改善するために現地に持ち込んだのが、DVD!
    日本の進学予備校の学習法で先生不足を解消できると考えたのだ。
    現地のトップ講師の授業を撮影し、DVD化。それを、農村部の高校生30人に見せ「バングラデシュの東大」といわれる、ダッカ大学を目指した。
    6か月間の努力の末、見事1人が、最難関のダッカ大学に合格。
    日本の学習法が、彼らの人生の選択肢を広げることに成功したのだ。
    税所氏はこう語る
    「同世代の人たちがどんどん世界に出て行って人の役に立つような国にしたいです」