放送内容

File.36

2012.12.22 OA

体内を自在に撮影!夢の内視鏡

  • 画像

    画像

    画像

    画像

    画像

  • 今回の「TEAM FOR JAPAN」は、
    体内を自在に撮影できる夢のカメラを作る大塚尚武。
    超小型カメラが内蔵されたカプセルで、体の内部を撮影するカプセル内視鏡。
    カプセル内視鏡はケーブルがないため、検査の負担は少ない。
    しかし、外部からのコントロールはできず、胃のような大きい臓器では、検査したい場所をうまく撮影する事ができなかった。
    大塚は20年の研究の末、ついにカプセルを自在に操ることに成功した。
    ヒントとなったのは「魚」
    「魚みたいに体の中を泳げればいいと思ったんです」と大塚は語る。
    そこで「磁石」のついた「魚の尾ひれ」をカプセルに取り付けた。
    外部から磁力をあてる事で「尾ひれ」を上下左右に動かす。
    これにより体内にあるカプセルの動きをコントロールできるようにした。
    そうして、検査したい場所を自在に撮影できるようになったのだ。
    大塚氏はこう語る。
    「固定観念にとらわれない、自由な発想でものを考え、ものつくりにいかせるそういう国にしていきたい」