放送内容

File.47

2013.3.9 OA

夜光塗料で安全を守る

  • 画像

    画像

    画像

    画像

    画像

  • 今回の「TEAM FOR JAPAN」は、夜光塗料で、人々を自然災害から守る青木康充。
    もし東日本大震災が、夜間に発生していたら、さらに大きな被害が予想された。
    そんな暗闇での災害時に、道しるべとなってくれるのが、夜光塗料で光り続ける「避難口誘導標識」。
    そこに使われているのが、世界シェア80%を誇る『N夜光(エヌヤコウ)』。これを開発したのが、青木康充。『N夜光』には、従来の物との決定的な違いがある。それは、10倍明るく、10倍光る時間が長い事。これまでの蛍光体に2種類の『レアアース』を調合することで10倍明るく、10倍長持ちする夜光塗料の開発に成功したのだ。日中に光を取り込めば、一晩中光り続けるため、停電の心配がいらない「標識」を可能にした。さらに、電気が通っていない場所でも、設置が可能になった。海岸線では、津波の避難経路を、夜通し照らしている。青木はこう語る
    「いつ起こるか分からない災害の不安をこの夜光塗料の光で、少しでも軽くしてくれる。そんな国になればいいと思います。」