単独初主演の感想は?

この話を初めて聞いたとき、信じられないくらい嬉しかったのと、すごい驚きとで背筋がピシッとするような感覚になりました。
主演と言う名に恥じないよう、そして最高の作品にするためにも、ある程度の緊張感と楽しさを持って、
この作品に挑みたいと思いました。


撮影現場の雰囲気は?

クランクインの日から、現場の雰囲気はすごく良かったです。和気あいあいとしていて、
その雰囲気も視聴者の皆さんに伝わるんじゃないかなと思いました。撮影がすごく楽しみです。


意気込みは?

まだまだ未熟な私ですが、今回、主役をやらせてもらえることになり、共演者、 スタッフの皆さんに
いろいろ教えてもらいながら、演じきりたいと思っています。
現場でたくさん勉強させてもらい、お世話になった方たちへの感謝を忘れず、
そしてドラマを観て下さる皆さんに、最高の作品を届けることが出来たるよう精一杯頑張ります。

現場にも視聴者の皆さんにも笑顔と幸せが溢れる作品を感じてもらえるようにしたいと思っています。


2012年は、これまでの瀬戸康史のイメージをぶち壊し、
表現者として幅の広い人間になりたいと考えています。

新たな年のスタートを飾る作品として、裁判を題材としたドラマで検事を演じさせていただきますが、

今年秋に法廷を舞台とした舞台作品で弁護士を演じていることもあり、すごく運命を感じます。
検事と弁護士という違った観点から世界を見る事が出来、楽しく演じています。
今回の作品はコメディーですが、自分からウケを狙いにいくのではなく、周りに起こる事に
振り回されながら、人として成長していく様に共感できたり、楽しんでいただけたりする作品になるよう
取り組んでいます。

新着ブログ

ブログ一覧