放送内容

2016年7月28日(木)

テーマ①「坂上忍の“あのお役立ちテクって得ワザ!?損ワザ!?”」

大好評!坂上忍の『得ワザ?損ワザ?』!

巷に溢れる一見お得な、生活に役立つ情報の数々。
しかし、いざやってみると、効果が無かったり、
時間やお金がかかってしまったりと「損」する情報という場合もある!

そこで!
日本一疑り深い男・坂上忍が実際にやってみて、本当に得する技・ 得ワザか?
大して得しない技・損ワザか?を見極めてもらうコーナーです。

今回は、家事えもんも登場!夏休みに親子で一緒に作れる!
“ひんやりスイーツレシピ”3連発をご紹介します!
材料を混ぜて冷蔵庫・冷凍庫に入れ、しばらく放っておくだけで…
お店の味に大変身する「混ぜて冷やすだけスイーツ」。

詳細はこちら

今回紹介した 得ワザ①

◆「プレーンヨーグルト × ドライフルーツで、
ぷるっぷるフルーツ入り“濃厚ギリシャヨーグルト風”」

最近、スーパーやコンビニなどでよく見かける、
水分が少なくスプーンを逆さにしても落ちないほど濃厚な「ギリシャヨーグルト」。
そんな話題のスイーツが、砂糖を一切使わず、
“プレーンヨーグルト”דお好みのドライフルーツ”を混ぜて、
放っておくだけで出来るという。そんなスイーツレシピを、家事えもんが伝授!

【材料】(ヨーグルト1パック分)
  • 無糖のヨーグルト 1パック(450g)
  • ドライフルーツ 約90g
【作り方】

① ドライフルーツを一口大にキッチンバサミで刻み、ヨーグルトに入れる。

② ヨーグルトとドライフルーツをしっかり混ぜて、一晩冷蔵庫で冷やしたら完成!

【家事えもんポイント】
乾燥したドライフルーツが、ヨーグルトに含まれる水分を吸うことで、
普通のヨーグルトが、ギリシャヨーグルトのように濃厚になります。
同時に、水分を吸ったドライフルーツは柔らかくなり、
ぷるっぷるんで、食べやすくなるんです!

さらに、ドライフルーツの糖分がヨーグルトに溶け出すことで、全体が適度な甘みになり、ドライフルーツもみずみずしいフルーツのように変身するという。
マンゴー以外にも、パイナップルやイチゴなど、ほかのドライフルーツでも応用可能です!

今回紹介した 得ワザ②

◆「豆腐 × ごまで、ひんやりヘルシー!“お豆腐ゴマアイス”」

スタジオも大絶賛の和風ひんやりスイーツ!
“豆腐”דごま”を混ぜて、冷凍庫で冷やすだけで出来るという。
そんなスイーツレシピを、家事えもんが伝授!

【材料】(3人分)
  • 絹豆腐 150g
  • 豆乳 大さじ3
  • 黒蜜 大さじ3
  • 白すりごま 大さじ3
※トッピング
  • きな粉・黒蜜 お好み
【作り方】

① トッピング以外の材料をすべてボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。

② 豆腐のダマが無くなりペースト状になったら、
一口サイズにするために、アイストレーの氷1つ分に、
厚さ1cmほどになるように、スプーン1杯分ずつ入れる。

③ 冷凍庫で約2時間凍らせたら完成!

※器に盛る際、最後にお好みで、きな粉と黒蜜をかける。

【家事えもんポイント】
アイスに含まれる乳脂肪分や乳たんぱく質を、
豆腐や豆乳に含まれる大豆油や大豆たんぱく質で代用しています。
さらに、砂糖の代わりに黒蜜で甘みを加えました。

また、白すりごまを混ぜ合わせる事がポイントです!
白すりごまが、アイスにふくまれる脂質を補ってくれるので、
まろやかでコクのある味わいになるんです。
ごまの風味が強いので、豆腐の臭いはほぼなくなります。
ミルクを使ったアイスよりもヘルシーです!

今回紹介した 得ワザ③

◆「2層の“ぷるぷるババロアゼリー”」

坂上忍が子供たちと一緒にジャッジ!
まろやかな甘さのババロアと、さっぱりとしたオレンジのゼリー。
このふたつが2層に重なった、見た目も食感も楽しい、まるでお店で出てくるようなスイーツ。

【材料】(約6個分)
  • 100%ジュース 500ml
  • 牛乳 200ml
  • 生クリーム 200ml
  • ゼラチン 20g
  • 砂糖 100g
  • 卵 1個
【作り方】

① ボウルに卵を割りいれて溶きほぐし、牛乳、生クリームを加えて混ぜる。

② 鍋に100%ジュース、ゼラチン、砂糖を入れ、沸騰させないように中火で混ぜる。

③ 砂糖・ゼラチンが溶けたら、火を止める。

④ ①で混ぜたものを鍋に入れ、軽く5回混ぜる。(本当に軽く混ぜるのがポイント)

⑤ 混ぜたものをカップに移し、冷蔵庫で約3時間冷やしたら完成!

【解説】

専門家によると…
2層に分かれた主な理由は、オレンジジュースに含まれる水分と、
牛乳や生クリームに含まれる油分が混ざりにくいため。

ゼリーとババロアの素を混ぜ合わせたことで、
オレンジジュースの「水分」と、牛乳や生クリームにある「油分」が反発しあう。
しかし、ゼラチンは全体に混ざり合ったため、
比重の軽い牛乳と生クリームの脂肪分は上で固まり、ババロアに。
比重の重いオレンジジュースは下で固まりゼリーになった。
そしてババロアにもオレンジ風味が混ざり、食べやすくさっぱりとした味わいになる。

【ポイント】
キレイな2層に分けるには、酸性の強い100%ジュースを使うのがポイント!
ジュースの酸と、牛乳や生クリームのタンパク質も混ざりにくい性質があるので、くっきりと2層に分かれるのだ。

オレンジ以外にも、酸性のグレープフルーツやブドウ、リンゴなどのジュースでも応用でき、色々な味を楽しめる。

【坂上ジャッジ】得

得の理由は…
「簡単なんだけど、ちゃんと分離して、しかも美味しい!」

× 閉じる

テーマ②「出張!ウル得マン~そして、誰もいなくなった編~」

家事えもんもその腕前を崇拝し、師と仰ぐほどの実力の持ち主。
短時間で数多くのメニューを作れるスピード自慢の得損ヒーロー
「ウル得マン」こと“犬の心・いけや賢二”。

実は彼、19歳から大手居酒屋チェーンで働き始め、ほどなくして料理の才能が開花。
殺到する注文を、限られた時間でこなすことで鍛えられた手際の良さこそが、彼の武器。

どこのご家庭にもある身近な食材をメーンに、
制限時間3分ならぬ30分で、何品作れるかに挑戦!
題して、“ウル得マンの30分クッキング”!

今回は…
現在ドラマの撮影で大忙しだという、俳優の藤原竜也さんと、玉山鉄二さんの元へ、
ウル得マンが“特製ウル得屋台”を持ち込み、出張!
果たして“ウル得マン”は30分で何品作ることが出来るのか!?

詳細はこちら

<ウル得マンの30分クッキング>

◆今回のメイン食材:鶏むね肉

【ウル得マン流・鶏むね肉の下処理ポイント】
むね肉は身が分厚いので、
平らに切り開く“観音開き”をすることで、肉を長細く切ったり、サイコロ状にしたりと、加工がしやすく、色んな形に切りやすくなる。
しかも、平らになれば、ムラなく火を通すこともできるのだ。

<むね肉のバンバンジーサラダ>

【材料】(2~3人分)
  • 鶏むね肉 1/3枚
  • レタス 3~4枚
  • キュウリ 1/4本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • トマト 1/4個
  • ゴマダレ 大さじ3
  • 豆板醤 小さじ1/2
  • レモン汁 少々
  • ごま油 小さじ1
【作り方】

① 鶏むね肉は開いて厚さを均一にしてから縦に細長く切り、たたいてゆでる。

ゆで上がりは水にとって冷やす。

② レタスは芯を除き、手で食べやすい大きさにちぎり、玉ねぎは薄切りに、
トマトは乱切りにし、器に盛り付ける。

③ キュウリは千切りにし、①のむね肉を手で裂いたもの、ゴマダレ、豆板醤、
レモン汁、ごま油と和え、②にのせたら完成!

【ウル得マンポイント】
レタスは、包丁など鋭い物で切るとレタスの細胞が壊れやすいが、
一方手でちぎると細胞同士が離れるようにちぎれるため、細胞が壊れにくく
より新鮮さをキープできる。

<鶏皮とキュウリの和え物>

【材料】(2人分)
  • 鶏皮 鶏むね肉2枚分
  • 片栗粉 適量
  • サラダ油 適量
  • キュウリ 1/4本
  • ポン酢 大さじ1
  • タバスコ 適量
【作り方】

① 鶏皮に片栗粉をまぶす。

② フライパンに高さ1cm程度まで油を入れ、170度程度の揚げ油で
①の鶏皮をかりっとするまで揚げ、細かく刻む。

③ キュウリはせん切りにし、②とポン酢とタバスコを和えて器に盛り付けたら完成!

【ウル得マンポイント】
鶏皮はそのまま揚げると、皮の脂分がタレをはじいてしまう。
その為、タレとなじみやすくするために、片栗粉をまぶしてから揚げると良い。

<夏野菜とむね肉のチーズ炒め>

【材料】(2~3人分)
  • 鶏むね肉 1/2枚
  • にんにく 1片
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ナス 1本
  • キュウリ 1/2本
  • トマト 1/4個
  • オリーブオイル 小さじ1
  • サラダ油 小さじ1
  • 水 80ml
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • 塩 少々
  • シュレッドチーズ 100g
  • 片栗粉 小さじ1(+水:小さじ2)
  • ごま油 少々
【作り方】

① 鶏むね肉は開いて厚さを均一にしてからサイコロ状に切る。

② にんにくはみじん切り、玉ねぎ・ナス・キュウリ・トマトは乱切りにする。

③ フライパンにオリーブオイル、サラダ油、にんにくを入れて中火にかけ
香りを出したら、鶏むね肉を炒め、玉ねぎ、ナス、キュウリを加え炒める。

④ ③に水、鶏ガラスープの素、塩、シュレッドチーズを入れて全体に絡めたら、
水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油で風味をつける。
最後にトマトを入れて炒め、器に盛り付けたら完成!

【ウル得マンポイント】
◆片栗粉を入れる理由は、出来立てを食べれば問題ないが、
 時間が経つとチーズと水分が分離してしまうので、
 片栗粉のとろみで分離しないようにつなぎとして入れると良い。
◆トマトは最初から炒めてしまうと水気が出てしまい、食感がなくなるので、
 食感を残すために最後に加えると良い。

<むね肉と里芋のグラタン>

【材料】(1人分)
  • 鶏むね肉 1/3枚
  • 里芋 3個
  • 玉ねぎ 1/8個
  • しょうゆ 小さじ1
  • マヨネーズ 大さじ2
  • シュレッドチーズ 大さじ3
【作り方】

① 鶏むね肉は開いて厚さを均一にしてからサイコロ状に一口大に切る。

② 里芋は皮をむき輪切り、玉ねぎは角切りにする。

③ ①・②・しょうゆを電子レンジで使える保存袋に入れてふり、下味をつけたら、
600Wの電子レンジで約2分加熱する。

④ 耐熱皿に③を並べ、マヨネーズをかけ、シュレッドチーズをのせ、
トースターで5分程度こんがりと焼き目がつくまで焼いたら完成!

【ウル得マンポイント】
保存袋に入れて、両手を使って上は激しく回転、そして下は激しくもみこむことで、
短時間で味を浸透させることができる。
結果 今回は30分で全4品、作りました!!

◆むね肉のバンバンジーサラダ
◆鶏皮とキュウリの和え物
◆夏野菜とむね肉のチーズ炒め
◆むね肉と里芋のグラタン

※むね肉カツ丼は、残念ながら卵が固まらず、ノーカウント!

◎5品目の鶏むね肉料理

<むね肉カツ丼>

【材料】(1人分)
  • 鶏むね肉 1/2枚
  • 酒 大さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 小麦粉 適量
  • 溶き卵 1/2個分
  • パン粉 適量
  • サラダ油 適量
  • めんつゆ 100ml
  • 水 100ml
  • 卵 2個
  • 片栗粉 小さじ2
  • ご飯 1人分
  • 刻みのり 少々
【作り方】

① 鶏むね肉は、開いて厚さを均一にし、フォークでさしてから酒をふり、塩・こしょうする。

② ①に小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけ、170度程度の揚げ油で
こんがりとして中に火が通るまで揚げる。

③ ボウルにめんつゆ、水、卵、片栗粉を入れて泡立て器でよく混ぜ、
中火にかけ熱したフライパンに流し入れ、へらで混ぜながらとろりとするまで火を通す。

④ 丼によそったご飯の上に食べやすく切った②のカツをのせ、③をかけ、刻みのりを散らす。

【ウル得マンポイント】
◆むね肉は脂肪分が少なく、加熱するとパサついてしまうので、
 事前にフォークで穴を開け、水分を吸わせておけば、柔らかジューシーになる。
◆カツ丼にかける卵のアンは、めんつゆと水を1:1で割ることがポイント。
 そのまま食べると濃いが、ご飯と一緒に食べるにはちょうど良い黄金比率。
 そして片栗粉を加え、アンにとろみをつけたことで、
 口当たりも良くご飯に良くからむので美味しい。
 さらにはカツを一緒に煮込まないので、一般的なカツ丼に比べ、
 サクサクした食感をより楽しむことができる。

× 閉じる

バックナンバー