放送内容

2015年5月14日(木)

テーマ①「現体重の10パーセント減!?
“あるモノ”を2週間食べ続けるダイエットにアイドルが挑戦」

ダイエット成功者の情報から秘訣を伺い、
短期間でしかも楽に痩せられる夢のようなダイエット法を伝授する。

詳細はこちら

ダイエット希望者は練馬のご当地アイドル。
MCの羽鳥が取材。
半年前は公式プロフィールが44キロだったが
今は54.4キロウェストは20センチ以上アップの81センチ。
生活の様子を見ようと羽鳥が自宅を訪ねると、
そこはゴミ屋敷そう、彼女はダイエット希望のゴミドルだった。
現在のゴミドルはアイドルの仕事が無く、バイトのまかないで太ったが、
取材の10日後に再起をかけたライブがある。

ダイエット成功者から学ぶ

身長158センチ、体重95キロ、ウェストは100センチあった。
が2週間で7キロ、3年でマイナス30キロ痩せた。
きっかけは妊婦に間違われたこと。
食事制限しようと、冷凍庫のご飯を捨てようと思ったが、
もったいないのでお粥にして消費。
すると95キロあった体重が2週間後に88キロになった。
そう、偶然にも「おかゆダイエット」を実践していたのだ。

「おかゆダイエットの得」
  1. 普通のご飯に比べお粥は水分でかさ増ししているため、カロリーは低い。
  2. 消化吸収が早いため血糖値が上がりやすい。
  3. 少量でも満腹感を得ることが出来る。
  4. 徐々に小食で満足できるようになる。

おかゆには余分なものは入っておらず、腸の通過が早いので、
便が出やすく体重が落としやすい体になるという。
専門家によると、
肥満体形の人が、1日3食お粥生活を2週間続けると、最大で現在の体重の10%減。
3食のうち、夕食だけをお粥にすると現体重のおよそ4%減が期待できるそう。

ゴミドルも「おかゆダイエット」に10日間チャレンジし、再起をかけたライブに挑む!

× 閉じる

テーマ②「炭水化物でヤセる?!
便秘解消にも効果が期待できるダイエット法を紹介!」

炭水化物の食べる量を減らさずに摂取カロリーが減らせる方法、
それは、冷たい炭水化物に変えること。

実際、この方法をタレントの春香クリスティーンに試してもらったところ、
1週間で59.4キロから57.6キロまで、減量に成功。

詳細はこちら

春香がこの1週間に食べたものは…
「1日目」コンビニの冷やし中華
「3日目」朝食 コンビニのサラダとおにぎり(高菜)
「4日目」ポテトサラダとお味噌汁
「5日目」昼食 サラダと ところてん/夕食 冷ましたタイカレー
「6日目」おやつ 栗羊羹
ここまで食べて、どうしてやせることができたのか?

専門家・早川先生によると
炭水化物が冷えると、でんぷんの一部がレジスタントスターチになる。
レジスタントスターチとは、「消化されにくいでんぷん」のこと。
ほとんどの炭水化物に含まれていて、加熱後、冷やすことにより、
その量が増加する。

同じ量、同じカロリーの温かいごはんと冷たいご飯の場合、
温かいごはんは胃を通って小腸で消化吸収されるが、
レジスタントスターチが増えた「冷たいごはん」は小腸で消化吸収されにくくなり、
温かいごはんより摂取カロリーが抑えられる。

レジスタントスターチは食物繊維のような特徴をもち、
その一部はそのまま便として排出されるので便秘にも効果がある。

レジスタントスターチを多く含む食品は…
(すべて岐阜大学早川研究室調べ)

  1. じゃがいも
    通常の温度でのじゃがいものレジスタントスターチはごはんの1.5倍、
    冷やせばその含有量は2倍以上に膨れ上がるという。
    レジスタントスターチの「増加率」ではトップ。
    ポテトサラダだけでなく、
    マッシュポテトやビシソワーズでも高い効果が期待できる。
  2. タイ米
    タイ米は日本米よりもレジスタントスターチが多く含まれている。
    米の種類によってレジスタントスターチの量が違うので
    選ぶ時はもちもちした米より、ぱさぱさしたものを選ぶと良い。
    もち米<ササニシキ<コシヒカリ<タイ米
  3. 小豆
    注:栗羊羹自体がダイエットに効くわけではありません
    豆類にもレジスタントスターチが含まれている。
    中でもあんこの原料である小豆は、
    レジスタントスターチの「含有量」でいうと米の十数倍含まれており、トップ。

レジスタントスターチを摂取する際の注意

  • 「ところてん」は、炭水化物だが、でんぷんは入っていないため、
    レジスタントスターチによるダイエットには向いていない。
  • 羊羹はかなりの糖質が多いという点ではダイエットには向いていないが、
    同じスイーツを食べるなら、ケーキを食べるより小豆の物の方がよい。
    もちろん、甘い物を我慢するのがベター。
  • 一度冷やしたものを、冷えすぎない温度(常温)まで戻して食べても問題ない。
    冷やごはんにカレーをかける⇒OK
  • 電子レンジで完全に温めてしまうのはNG。

レジスタントスターチが一番増えるのは4℃〜5℃。冷蔵庫の温度に相当する。
これより冷やし過ぎてもレジスタントスターチは増えない。

味が良くないイメージのある冷やご飯をおいしく食べられるレシピ
レシピ監修 栄養学博士 白鳥早奈英先生

料理名 「トマトジュースの冷たいスープごはん」
材料 冷やごはん 1膳 ※タイ米ごはんも可
冷蔵庫の余り物の野菜
(番組では玉ねぎ、きゅうり、セロリ、枝豆、赤パプリカ、黄パプリカ)
有塩トマトジュース 200CC
白だし 大さじ1杯
オリーブオイル 小さじ1.5杯
作り方 ①トマトジュースに白だしをあわせる⇒スープの完成
②ごはんにスープをかける
③みじん切りにした野菜をごはんにのせる
④オリーブオイルをたらす
     
  • 食べ過ぎは厳禁。
    あくまで、普段食べている炭水化物を、同じ量の冷たい炭水化物に変える、
    ということですので、ご注意下さい。
× 閉じる

テーマ③「ウエディングドレスを着たい!
長野の新妻が‘ある物’でながらダイエット」

ダイエット成功者の情報から秘訣を伺い、
短期間でしかも楽に痩せられる夢のようなダイエット法を伝授する。

詳細はこちら

ダイエット希望者は4か月前に結婚した新妻。
しかし、結婚式を挙げていないという。
痩せてからウエディングが着たい奥様。
身長154センチで、体重は113キロ。
「太っていることで陰口を言われている」と思い、
出かけることに臆病になっていた奥様だが、ご主人との出会い・結婚で一念発起。
今回、自分の自信を取り戻したいため、旦那様のために、ダイエットを決意。

ダイエット成功者から学ぶ

7年前は、身長155センチ、体重56キロ、ウェストは69センチあった50歳の女性。
しかしある時、ふとしたきっかけから、
暇なときにテニスボールで首、肩、太ももを5~10分コロコロしていたら、
なんと半年で10キロ減のダイエットに成功。
現在は46キロ、ウェスト60センチをキープしている。
専門家によると、彼女の場合は、
テニスボールを全身に転がすことで知らず知らずの内に、
「筋膜リリース」を実践していたという。
テニスボールなどでこのポイントを毎日コロコロ揉みほぐしていると、
表面の筋膜の線維がほぐれて、
ちゃんと使えていなかった筋肉の力を呼び覚ませるようになる。
筋肉の力が戻ることによって全身の基礎代謝が上がり、ダイエットに繋がったそう。

今回チャレンジする奥様は、これに加え、極端な偏食を抑え、
食生活をコントロールして大幅な体重減を目指す。
ご主人といったん離れ…部屋を借りて10日間のダイエット合宿に入る。
とはいえ、いきなりウエディングドレスが着れるまでは難しいので、
入らなくなった婚約指輪(15号)がハマるまでダイエットに挑戦する。
10日後…
奥様がダイエットの成果を見せる場所に選んだのは夫婦思い出の地。
旦那様が奥様にプロポーズして婚約指輪を渡した場所。
果たして、奥様の薬指に、再び婚約指輪がハマるのか?

今後もウエディングドレスが着られる日まで、ダイエットは続きます。

× 閉じる

テーマ④「6男・3女 子ども9人の大家族に密着!!」

結婚当初は50キロ台だったご主人玉城進二さん。
十数年経った今85キロになってしまった。
1回の食事で4キロも増えるほど、大食いの進二さんだが、
子どもがいるためダイエットは難しいと語る。
子どもを紹介してもらうと、6男3女が現れた。
実は玉城家は、同居するおばあちゃんも合わせて12人の大家族だったのだ。

詳細はこちら

夫・進二さんと妻・美香さんが出会ったのは、夫が28歳、妻が18歳の時。
交際1年で長男の妊娠をきっかけに結婚。
5年後に長女が生まれ、それからほぼ毎年のペースで妊娠・出産。

夫婦は共働きで、ハンドメイドの革製品のお店を切り盛りしているため、
家事に費やせる時間がほとんどないのだが、子ども達が驚くほどしっかりしていて
食事もおとなしく食べるし、家の中もキレイ。

そんな玉城家に密着してみた

  1. 遊ぶときは、遊ぶ道具から作る楽しみも教える。
    一家で公園に遊びに行き、竹馬で遊ぶのだが、その竹馬もその場で作って見せてみんなで楽しむ。
  2. 洗濯は兄弟が協力して行う。
    ①2歳が洗濯機に洗濯物を入れる。
    ②長女(小5)と二男(小4)洗濯物をベランダに運ぶ。
    ③長女(小5)と二女(6歳小1)が洗濯物を干す。
    ④乾いたものは母が持ち主の机の上に置く。
    ⑤各自が自分の分をたたみタンスにしまう。
    しまうときは手前によく着る服、奥にあまり着ない服と、分けてしまう。
  3. 二女(6歳小1)がよく働く。
    ①五男(1歳)を抱きかかえお母さんの部屋に運び、ミルクを作り、与える。
    ②生後5か月の六男をベビーベッドへ運び、オムツ替え。
  4. 買い物がスムーズ。
    年長者が下の子をカートに乗せて2人一組で行動。
    移動するときは長男(高1)が先導。
    今回の買い物は米10キロや日用品をあわせておよそ2万5千円。これで3日分。
    家に帰れば、子ども達がバケツリレー方式で次々に冷蔵庫にしまう。
  5. 夕食も子ども達の連係プレー。
    夕食は、長女(小5)が焼いたハンバーグと、母の手作りカレーとサラダと豆腐。
    三男(小3)がお父さんのおかわりもよそってくる。
    四男(2歳)も姉のお水を運んでくる。
    食べ終わったら、各自、自分の使った食器を洗い、赤ちゃんの面倒を見る。
    この間にお母さんはゆっくり食事。
  6. 家族を仕切るのは長男。
    ココを歩くな、先にこれをやれ、ごはんを食べろ、など、兄弟たちに指示を出すのは長男(高1)。
    父・進二さんは長男にしっかりしつけをした。
    すると、長男は長女をしつけ、長女は二男をしつけ、と連鎖。
    「お父さんが出てきたらもっと大事件になるよ」と先回りして注意するため、
    こどもたちが親を困らせることはなく、父いわく「安心して、下の子を任せられる」。
    一度任せたら余計な口出しはしない、それが父から子への信頼の証。
  7. 長男は、思春期まっただ中なのに不満がない。
  8. 家に分担表がない。
    母曰く、分担してもその通りに行くとは限らないので、ゴミ出しなどの分担はその時出来る人がやる。
    発達心理学の内田先生によれば、手が空いた人が自発的に手伝うところが大事で、
    状況に合わせて自分は今何をしたらいいのかを考える力が育っていく。

密着してわかったこと…
子供たちの自主性に任せる母と、子供同士のしつけを信じる父が
しっかりした子どもを育て、きれいな家、おとなしい食事風景を生んでいたのだ。

密着の最後に…
長男(高1)から9人の子供たちを代表して両親にメッセージ。
「仕事で忙しいと思うけど、たまには休暇をとってみんなで遊びに行ってほしい。
自分だけじゃなくて他の兄弟も思っている。」
さらに、子ども達が描いた両親の似顔絵をプレゼント。
母は
「なかなか遊ぶ機会もないが、子供たちのために今頑張って働いて、
半年に1回でも、できるだけそういった時間を作りたいと思います。」

× 閉じる

バックナンバー