放送内容

2015年7月16日(木)

「出張!家事えもん」
~スザンヌの熊本の実家!25年分の汚れを救え&絶品かけ算レシピでおもてなし~
誰もが舌をまく話題の家事万能芸能人・通称・家事えもんが、掃除に料理に得ワザを連発! 今回は「出張!家事えもん」と題し、以前スタジオで家事えもんの活躍を目の当たりにしたスザンヌが「是非お会いしたい!友達になりたい!」ということで、早速、熊本にあるスザンヌの実家にお邪魔したのだ。
果たして、今回はどんなスゴ技を披露するのか!!

詳細はこちら
引っ越してまだ1年弱のスザンヌの実家はキレイだが、早速汚れたものがあるというキッチンへ。

出てきたのは焦げ付いたポット。
購入してからおよそ25年。
ずっと使い続けたポットには、その歴史を感じさせる頑固そうな汚れがついていた。

掃除編

<家事えもんの得する掃除術①>

◆秘密道具鍋+重曹で焦げ汚れを浮かせてジーンズの生地で落とす

鍋やヤカンなど火にかける調理道具は、焦げ汚れがこびりついてしまいがち。
スポンジでこするだけではなかなか落ちず、タワシでゴシゴシこすると傷がついてしまうと困っている人も多いのでは?

秘密道具①:鍋+重曹



①まずは鍋に水200ccに対して、重曹を大さじ1杯の割合で入れていく。
料理の時、膨らし粉やアク抜きに使われることが多い重曹。
実は油汚れを落としたり消臭の効果もあるのだ。
※キッチン用の重曹を使用して下さい。

<ポイント>
火をつける前に重曹と、さらにポットを入れること。
湧いた状態で重曹を入れると吹きこぼれるので、お水の時から入れる。

②煮込み始めて5分。ご覧のように剥がれそうになっている汚れが。
そしてすでに剥がれて浮いているものも。


③ポットをひっくり返し反対側も煮込む。


④25年分の汚れがついていたスザンヌ家のポットは、このまま2時間ほどつけ置き。


【比較的短期間で汚れたヤカンのような場合】
①火をつけて5分でこげが浮き…6分後には剥がれていく。

②そして火をとめてから30分後。
ヤカンを取り出してみると、鍋にはたくさんの剥がれ落ちたこげが…


③やかんに触ってみると簡単に剥がれ落ちるほど、焦げは軟らかくなっていた。


秘密道具②:ジーンズの生地

軟らかくなった汚れを取る時に便利なアイテム!
一般的には雑巾などで拭くが…
使い古しのジーンズの生地。これを拡大して雑巾と比較してみると、ジーンズは表面が均等にデコボコしているのが分かる。

ガラスに粘り気のある接着剤をつけて拭き取り実験をしてみると、ご覧の通りジーンズのデコボコの表面が頑固な汚れを絡め取っている。

しかも素材は綿なので、ゴシゴシこすっても傷つけにくいという優れもの。

重曹をつけた生地でこすると…

さらにこすると…


得情報

新品だと藍色が付いてしまうので、使い古しのジーンズが良い。
また、ポケット部分を切って使用するのが便利。
ポケット部分に手を入れて使用すると、より磨きやすい。



<家事えもんの得する掃除術②>

◆お湯で煮込めないレンジ周りは秘密道具マイナイスドライバーで焦げ汚れをかきだす

ついつい後回しにして、いつのまにかしつこい汚れがこびりついてしまいがちなコンロのごとく。

取り外し可能な部分は、ポットと同様、重曹を入れたお湯で5分煮て火を消し、1、2時間付け置きして磨けばキレイになるが…

秘密道具③:マイナイスドライバー

取り外しのきかないレンジ周りの焦げ汚れは、お湯でにこみ、軟らかくするわけにはいかない。
そんな時に役立つ便利なアイテム!

①マイナスドライバーにジーンズを巻きつける。


②重曹をまき、汚れた部分をこする。


得情報

尖った先端が細かい汚れの部分まで届くのに加え、力がドライバーの先端に集中するので、少ない力で強く磨くことができる。
※力を入れすぎると、コンロを傷つけてしまいますので、力加減に注意して下さい。



料理編


実はこの男、料理の腕もプロ級。
レシピ投稿サイト“クックパッド”にオリジナル料理を投稿し、100万件以上のアクセスを記録。
そんな家事えもんが、冷蔵庫の余り物に安くて意外な食材をかけ合わせ…
絶品本格料理を作るかけ算レシピを披露!

<松橋式かけ算レシピ①>

★余ったギョーザの餡×豆腐で、女性大好きヘルシーグラタン


<材料>※1人前
  • 餃子のアン 適量
  • 木綿豆腐or絹豆腐 1丁
  • 牛乳 大さじ3杯
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1杯
  • とろけるチーズ 適量
  • 塩 少々
  • コショウ 少々
  • パセリ 少々
<作り方>
  1. 豆腐を水抜きしておく。
    水を抜いた豆腐は半分に切り、片方を1cm幅にカットしさらに半分にカット。
  2. 切った豆腐はゴマ油で炒め、焼き目をつけて取り出しておく。
  3. そして残っている豆腐の半分・牛乳・鶏ガラスープの素をフードプロセッサーで撹拌し、豆腐ホワイトソースを作る。
  4. ギョウザのアンを炒める。
  5. 皿に、焼き目のついた豆腐・炒めた餃子のアン・豆乳のホワイトソース・チーズの順で盛り、200℃のオーブンで5分程焼き目がつくまで焼く。
【松橋式・豆腐の水抜き方法】
炒め物などで豆腐を使う時、ベタつきを防ぐために行う水抜き。
通常は30分くらいかかる面倒なものだが…


①2枚重ねにしたキッチンペーパーでくるむ。
※キッチンペーパーは、電子レンジ使用可のものをお使い下さい。

②電子レンジ500Wで2~3分チン。

③すると30分くらいかかる水抜きがごらんの通り、たった3分で完了!


<松橋式かけ算レシピ②>

★余ったそうめん×バターで、サクサク手作りクロワッサン


<材料>※1人前
  • そうめん 100g
  • バター 大さじ2杯
  • 砂糖 小さじ1杯
  • メープルシロップ 適量
  • バニラアイス 適量
  • 溶かしバター 適量
<作り方>
  1. そうめんを茹で、水洗いしぬめりを落とす。そうめんは水気を取っておく。
  2. バター・砂糖と混ぜる。
  3. 麺を割りばしに巻き、クロワッサンの形を作る。
秘密道具④:割り箸

クロワッサンの形を作るのに便利なアイテム!

<ポイント>
①割り箸の片方だけにそうめんをかけて、幅をだんだん細めていく。


②片方の割り箸に巻きつけていく。


③割り箸を抜く。


③ クロワッサンに刷毛でバターを塗る。


【松橋式・ハケの作り方】
ハケを買ったとしても、使う機会はそうなく、持ち腐れになりがちな刷毛。

家事えもんは今回、お家にあるもので簡単に刷毛を作った!


①クッキングシートを10cm位の幅に切り、半分に折りたたむ!



② さらに折り、もう一回折る。


③はさみで縦に切っていく。


④割り箸にくるっと巻き、テープで止める。


⑤200℃のオーブンで10分ほど焼く。
※表面がカリっとする様に


⑥メープルシロップをかけ、アイスクリームを添えて完成。

秘密道具⑤:アボカドスライサー

面倒なアボカドの皮むきが簡単にむけるアイテム!
しかも、皮をむいたアボカドを簡単にスライスすることもできるので、これ一つで楽チン!

× 閉じる
【沖縄の大家族・続編~お母さんのいない運動会~】
先日の放送で大反響を呼んだ、6男3女の沖縄の大家族・玉城家。
ちょっとメタボなお父さん、通称“ピッグダディ”率いる6男3女の玉城家は、我々の大家族に対するイメージを覆す一家だった。


大家族といえば…兄弟喧嘩、破れたふすまがつきもの。 だが玉城家は兄弟仲良し&家の中はとてもキレイ! その秘密は、普通、親がこなす家事を子供たちが分担し、 何でも自主的にこなしている大家族だった。 詳細はこちら
今回その玉城家にも、あるピンチが…!!
それは子供たちの学校一大行事「運動会」!
しかし、運動会が雨のため延期!それにより、ある問題が…
なんと、お母さんが運動会に来られない!

玉城家の両親は、オーダーメードで革製品を作り、お店で販売したり、時には地方まで出張販売している。
今回、仙台の出張販売の日程と、延期した運動会の日程が重なってしまいお母さんが参加できなくなってしまったのだ。

そこで、お母さんが心配したのは“運動会の場所取り”。
そう、皆さんもご経験があるだろう。
あの熾烈極まりない運動会の場所取り。
しかし今回は例年活躍していた母が不在となれば、これはピンチ!

ということで今回は、
得損“ピッグダディ”母ちゃんがいない運動会で場所取り大作戦!
9人とダディ、一体どうやって運動会の場所を取るのか?

運動会、2日前。この日のよる7時に、場所取りが解禁。
そのため、校庭に続く坂道には、少しでも良い場所を取ろうとする親たちで、早くから行列が。

午後3時30分。
家から出て来たのは、小学4年生の二男と3年生の三男。
学校に着くと、さっそく行列に並んだ2人。

午後5時。
ここで、授業を終えた5年生の長女がやってきて列に。
暗くなる前に幼い弟を家に帰した。

そう。これは、ダディが考えた作戦。
学校が早く終わる低学年に早くから並ばせ、高学年にバトンタッチ。
大家族ならではのリレー方式。

その結果、玉城家の前には わずか7組。
そしてリレー作戦のアンカー。そこには、頼りなかったダディの姿が。

そう、7時に解禁されてからが本当の勝負。
例年で言うと、並んだ大人たちが一斉に人気の場所を求め、スパートするのだ。
玉城家が狙うのは、坂道をさらに上がった所にある、人気エリア。
だが、ダディ。相変わらずのピッグ体形。大丈夫か?

まもなく7時。
一斉にスタート!すると…すぐさま場所を押さえ…
テキパキと指示を出すダディ。
無事、希望の場所を取ることができ、とりあえず「場所取り大作戦」成功!
そこには、子供たちを黙って見守るいつものダディと一味違う、一家のリーダーの顔があった。

そして運動会当日も…校庭を走り回るダディの姿が。
子どもたちの様子を ひたすらカメラに納めるダディ。
あっち行ったりこっち行ったり!ダディがここまでした、その訳は…?

そう。写真は、運動会に参加できなかった妻へのプレゼント。
感動したスタッフは、いてもたってもいられなくなり、一路、出張中のお母さんがいる仙台へ。
ダディが撮った運動会の写真と、スタッフが編集した映像をお母さんに見てもらうことに。

最後に…
父は、「いつも妻に場所取りとかそういったのやって貰ってるけど、結構大変だね…」
母は、(子供たちとお父さんについて)「自慢ですよね!」

お母さん不在というピンチを救ったのは、家族の一致団結だった!

× 閉じる

バックナンバー