放送内容

2015年10月8日(木)

【坂上忍の“あのお役立ちテクって得ワザ!?損ワザ!?”】
大好評!坂上忍の『得ワザ?損ワザ?』!

巷に溢れる一見お得な、生活に役立つ情報の数々。
しかし、いざやってみると、効果が無かったり、
時間やお金がかかってしまったりと「損」する情報という場合もある!

そこで!
日本一疑り深い男・坂上忍が実際にやってみて、
本当に得する技・得ワザか?
大して得しない技・損ワザか?を見極めてもらうコーナーです。

今回は、親子で楽しめる!「科学の力を活かした得ワザおやつ」


今回紹介した得ワザ 詳細はこちら

今回紹介した 得ワザ

「マシュマロと生クリームと
バターで生キャラメルができる」得

生クリームとキャラメルの甘さが見事に混ざり合った、
北海道生まれのスイーツ「生キャラメル」。
固すぎず柔らかすぎずのその繊細な口当たりが最大の魅力。
そんな食感を作るのには、材料を煮詰める時の温度調整が肝心。
こんな難しい工程を必要とする生キャラメルが、科学の力で簡単に作れる得ワザ!

【材料】
  • マシュマロ 100g
  • 生クリーム 80ml
  • バター 10g

※使用するマシュマロによって、分量・硬さ・冷やす時間が異なります。
マシュマロのゼラチン含有量が少ない場合、固まらないこともあります。

【作り方】
  1. フライパンを弱火にかけて、バターを溶かす。
  2. マシュマロを入れて形がわからなくなるまで加熱。
  3. マシュマロが溶け出したら生クリームを加えて混ぜ合わせる。
  4. とろみがついてきたらクッキングシートを敷いた容器に移す。
  5. 冷蔵庫に入れ、およそ1時間冷やして完成。
【解説】

マシュマロに含まれるゼラチンの性質は、温めると液体に、冷やすと固体になる。
また、マシュマロに含まれるコーンスターチは、クリーミーなとろみをつけるのが特徴。
柔らかな食感が再現されたのは、それぞれの性質のおかげ。
さらに、生クリームを加えたことで、ミルキーなコクがプラスされ生キャラメル風に変化した。

【坂上ジャッジ】

得の理由は…
「口どけがよい。」

「柿とバニラアイスを使ってプリンが作れる」得

家庭でプリンを作る場合、うまく固まらず失敗することが多い。
今回は「柿」を使って、科学の力で火を使わず簡単にプリンが出来る得ワザを紹介!

【材料】(4個分)
  • 柿 200g(約2個分)
  • 牛乳 大さじ6
  • バニラアイス 90g

※種類により乳成分量が違うため、今回のレシピでは「アイスクリーム」と表記とされているバニラアイスをご使用下さい。

【作り方】
  1. 皮をむいた柿200g、バニラアイス90gをミキサーに入れる。
  2. 牛乳を大さじ6杯入れる。
  3. ミキサーで約1分かき混ぜる。(塊りが無くなり液体状になればOK)
  4. 容器に移し、冷蔵庫で約3時間冷やせば完成。
【解説】

柿に含まれる食物繊維の一種ペクチンは、バニラアイスや牛乳に含まれるカルシウムに触れると結合してゼリー状に固まると言う性質がある。
柿のトロッとした部分もペクチンの働きによるもの。ペクチンには固めるだけでなく、とろみをつける性質もある。

ちなみに、ペクチンは他の果物にも含まれているが、「桃」「リンゴ」「ぶどう」「イチゴ」「バナナ」で試してみても、得ワザプリンのように固まらない。
実は、柿に含まれるペクチンは、他の果物のペクチンと比べると、カルシウムと結合する力が圧倒的に強い。また、柿の味の成分はとても弱く、バニラにかき消されるので、柿の味は ほとんど残らない。プリンとバニラアイスの原材料がほとんど同じなうえ、柿の自然な甘みが加わっているため、あっさりとした味に仕上がるのが得ワザプリンの特徴。

【坂上ジャッジ】

得の理由は…
「簡単で驚きがあっておいしい。料理は科学だ、とつくづく思う得ワザ。」

× 閉じる
【家事えもん ~マルシアさんのお宅編~】
坂上忍も認める知識と技術を兼ね備えた家事のスペシャリスト芸人「家事えもん」ことジューシーズ松橋!
今回も、家事えもんが秘密道具でどんどん家をキレイに!
さらに「かけ算レシピ」で、意外なメニューを提案!!
その得ワザを披露すべく、掃除が大の苦手なホラン千秋さんと一緒に、マルシアさんのお宅へ!

マルシアさんが悩んでいた汚れ!
それは、お風呂場の鏡にたっぷりとこびりついた水垢。
水垢の正体は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウム。
一度汚れがつくと、そこに水が溜まり、水垢がさらにたまっていくので、一度キレイさっぱり掃除すれば、水垢はつきにくくなる。

詳細はこちら

<家事えもんの得する掃除術①>

お風呂場の鏡についたガンコな水垢はクエン酸水を吹きかけ
ラップをするだけで簡単キレイになる。

秘密道具①:クエン酸水

<特徴>
クエン酸は酸性で、水垢はアルカリ性。カルシウムとマグネシウムはクエン酸で溶ける。

<掃除の仕方>
まず、クエン酸水を、鏡に吹きかける。


吹きかけたクエン酸水が乾いてしまう、そんな問題を解決する秘密道具!
秘密道具②:ラップ

<特徴>
ラップを、クエン酸水を吹きかけた鏡にパック状態にすることで、クエン酸の蒸発を防ぎ水垢を溶かしやすくしてくれる。

<掃除の仕方>
クエン酸水を吹きかけた鏡の表面に、クエン酸水が乾かないように、ラップを張り付ける。


蛇口まわりの水垢も、クエン酸水を吹きかけ、ラップでパック。


それぞれ、1時間ほど放置する。
1時間ほど放置したあと、汚れを磨く。
※ラップ後、クエン酸水が乾いているようであれば、ラップと鏡の間にクエン酸水を加水する

さらにクエン酸(顆粒)で、汚れを研磨して磨く。
秘密道具③:クエン酸

<特徴>
粉末状のクエン酸の粒子には、汚れを研磨する効果があり、クエン酸水で柔らかくなった水垢を落としてくれる。

<掃除の仕方>
先ほど、鏡に張り付けたラップを再利用。
スポンジだと無数の穴が開いているため、クエン酸で磨こうにも、中に粒が入ってしまい、思うような効果が出ない。しかし、ラップを使って研磨すれば、粒が入り込むこともなく、クエン酸を効果的に使うことができ、水垢もしっかりキャッチできる。
5分ほど研磨し、最後にシャワーで流す。


蛇口部分もラップをはがし、同じようにラップで磨いてシャワーで洗いながす。


蛇口の小さな隙間の汚れを、簡単に落とせる秘密道具!
秘密道具④:ストッキング

<特徴>
ストッキングは、柔らかく伸び縮みする材質の為、隙間に入り込みやすい。
手の届きにくい場所の掃除にも最適。

<掃除の仕方>
使い古しのストッキングを捨てずに掃除道具として使用。
ハサミで30センチほどにカット。


蛇口の隙間部分に、粉末状のクエン酸を振りかける。
クエン酸をからめるように、蛇口の隙間にストッキングを滑り込ませて磨く。
さらに蛇口の裏側や、手の届きづらい場所の掃除も、ストッキングとクエン酸でピカピカに。



<マルシアさんのお宅でかけ算レシピ①>

シイタケ×ヨーグルトで、
「旬のシイタケを使った絶品!焼きシーザーサラダ」





<材料>
【A】
  • ブロッコリー(茹) 2/3株
  • シイタケ(自然解凍したもの) 4~5個
  • ブロックベーコン 120g
  • プチトマト 4~5個
  • ロールパン 2個
  • 溶けるチーズ(シュレッドタイプ) 100g
  • 卵 1個
  • レタス 1/3個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 粉チーズ 適量

【B】
  • ヨーグルト 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ6
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 粉チーズ 大さじ3
  • 塩、ブラックペッパー 適量
<作り方>
  1. ロールパンを8等分にカット。(火を通りやすくする為、斜めに切る)
    予熱した200度のオーブンで3~4分、軽くこんがりと焼く。
  2. ベーコンを大きめに切り、炒める。


    シイタケは、石づき(軸)を残して4等分に切り、ベーコンの脂が残ったフライパンで炒める。


  3. 耐熱皿の上にシイタケ、ベーコン、マルシアさんのお宅にあった下茹でしたブロッコリー、バターロールを彩りよく並べる。

    ※茹でブロッコリーが無い場合は、小房に分けて電子レンジでラップをして600Wで約4分加熱して下さい。

  4. ③の上にシュレッドチーズ、粉チーズを散らし、パンを焼いた後の予熱のきいたオーブンに入れて、200度で5~6分、表面がこんがりするまで焼く。
  5. ④を焼いている間に、キッチンペーパーで簡単ポーチドエッグを作る。
    ↓簡単 家事えもん流 ポーチドエッグはこちら

  6. 【材料B】のヨーグルト、マヨネーズ、オリーブオイル、粉チーズ、塩・ブラックペッパーを混ぜ合わせ、手作りシーザードレッシングを作る。
  7. ④が焼きあがったら、その上にレタスを1㎝角程度に切ったものを乗せ、半分に切ったプチトマトを彩りよく散らし、ポーチドエッグを乗せドレッシングをかける。
<ポイント>

シイタケは、生の状態で買ってきたら、一度冷凍する。冷凍して解凍すると、細胞壁が壊れ旨みがどんどん出てくる。そうすることで、味や香りが一層引き立ち、ヨーグルトを使ったコクのあるシーザードレッシングをかけても、シイタケ本来の味を堪能できる。
大きめのクルトンをロールパンで代用したり、具材を大きめに使用しているので、メインとしても楽しめるサラダ。栄養面でも、シイタケのビタミンDがヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収を助けてくれて、相性抜群の組み合わせ!

<簡単 家事えもん流 ポーチドエッグ>

ポーチドエッグとは、沸騰した湯の中に生卵をそっと滑り込ませ、フォークなどを使い、卵白が鍋に広がらないようにまとめながら作っていくのだが、手間がかかる上に、うまく卵が固まらず失敗してしまう人も多いのでは?

<作り方>
火加減の難しいポーチドエッグは、キッチンペーパーを下図のように折り、ステープラーでとめて固定する。コップの中にキッチンペーパーを写真のように固定し、その中に生卵を割り入れ、沸騰したお湯で4分程温めれば、ポーチドエッグの完成!

<キッチンペーパーの作り方>
  1. まず三角に折ります。
  2. 底辺の角を、左右交差させます。
  3. 角を止めます。
※この中に卵を割りいれ、キッチンペーパーごと、沸騰したお湯に入れる。
少しだけ待てば、中から卵は出てくることはないので、離しても大丈夫です。

<特徴>
キッチンペーパーに包まれていることで、卵白が鍋の中でバラけることもなくキレイにまとまりやすい。


<マルシアさんのお宅でかけ算レシピ②>

里芋×クッキーで、
「油で揚げない!簡単 揚げまんじゅう」





<材料>(まんじゅう6個分)
  • 里芋 170g(皮付き)
  • ハチミツ 大さじ1
  • クッキー 11枚(110g)
  • 板チョコ 40g

里芋の皮むきはとっても面倒。ヌルヌルして滑る上に、実を多くとってしまったりと苦手な方も多いのでは?
そこで、簡単に子供でも安全に出来る方法を披露!

<作り方>
  1. アルミホイルで皮をむいた里芋に大きくラップして、600Wの電子レンジで4分加熱する。

  2. 食品保存袋にクッキーを6枚入れ、上から瓶などで軽くたたいて、細かく砕く。
  3. レンジから出した①の里芋にタオルを被せ、ラップの上から固まりがなくなるくらいまで潰す。
  4. ②の中に、③のつぶした里芋とハチミツを入れて混ぜ、袋の1辺を切る。

    ラップを6枚に切り分け、それぞれの上に6等分に分けて乗せ、平たく広げる。スプーンなどで細かくした板チョコを、等分して広げた里芋の真ん中に乗せてラップの上からチョコを包むように丸める。

    ※まんじゅうの中身は「板チョコ」以外にもアンコやジャム(イチゴ、マーマレード等)、ピーナッツチョコなどもオススメ!

  5. 別のジッパー付き保冷用袋の中にクッキー5枚を入れて、少しかたまりが残る程度に粗くくだき、④を1つずつ入れて全体に絡め、オーブンの天板に並べる。
  6. 200度のオーブンで5分程度こんがりと焼く。
<ポイント>

手が汚れない工程で、つなぎや衣には小麦粉が入ったクッキーを代用。里芋のホクホク感とクッキーのサクサク感が両方楽しめるスイーツ。アルミホイルを使えば包丁も使用せず、油で揚げない揚げまんじゅうなので、お子様でも簡単に作れます。

秘密道具⑤:ホイル

<使い方>
ホイルを適当な長さにちぎったら、蛇腹折りのように、波波にしてギザギザを多く作る。
里芋をホイルで、力を入れずに優しく撫でる。タワシのように里芋の皮をむき、サッと水洗いする。デコボコや芽の部分は、ホイルを固めてとがらせて削る。



<生産者に聞いた、無駄なくおいしくシイタケを食べられる方法>

達人が教える、美味しいシイタケの見分け方
・きのこ自体は、傘の開き加減によって旨み成分が変わる。
・シイタケは傘が開いている方が、旨み成分であるグアニル酸が多く美味しい。
・傘の裏面が白ければ白いほど、新鮮で香りがいい。

達人の絶品レシピ①

「シイタケの味噌マヨネーズ焼き」

<材料>
  • シイタケ(傘の部分) 6枚
  • 味噌 20g
  • マヨネーズ 80g
<作り方>
  1. シイタケの石づき(軸)の部分を切り落とす。(軸は取っておく)
  2. マヨネーズと味噌を8:2の割合で混ぜ合わせたら、シイタケの傘に適量塗る。
  3. 600Wのオーブントースターで約4分焼いて完成。

達人の絶品レシピ②

「シイタケの石づき(軸)貝柱風炒め」

<材料>
  • シイタケ(軸) 6本
  • 和風だし(顆粒) 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
<作り方>
  1. 捨てずにとっておいたシイタケの石づき(軸)を輪切りにして、油をひいたフライパンで中火で炒める。
  2. きつね色になったところで和風だしを入れる。
  3. 仕上げに香りづけでごま油を入れ完成。
× 閉じる

バックナンバー