放送内容

2017年7月13日(木)

テーマ①「坂上忍の“あのお役立ちテクって得ワザ!?損ワザ!?”」 

大好評!『坂上忍の得ワザ!?損ワザ!?』。
巷に溢れる一見お得な生活に役立つ情報の数々。
しかしいざやってみると、効果が無かったり、
時間やお金がかかってしまったりと「損」する情報という場合もある。
そこで日本一疑い深い男が実際にやってみて
本当に得するワザなのか見極めてもらうコーナー。

詳細はこちら

今回は・・・『桝えもんオススメ 家族で楽しめる
科学の得ワザ ベスト3』

教えてくれるのは・・・
人気ナンバーワン アナウンサー 桝太一(日テレアナウンサー)

第3位
「水の入ったポリ袋に鉛筆を刺してもこぼれない」

ヒミツは素材のポリエチレン。
ポリエチレンは穴を開けると元に戻ろうとする性質がある。
だから、鉛筆を刺しても、鉛筆と袋の間に隙間が無くなり水がもれない。

※実践する時は、濡れても良い環境でやりましょう。

第2位
「お酢と重曹を使えば風船が膨らむ」

お酢と重曹を1:1の割合で混ぜると化学反応が起こり
二酸化炭素が大量に発生する。(酢120ml:重曹約5g)

その二酸化炭素が風船に移動したことで風船が膨らむ。
※換気を十分に行ってやってください。

第1位
「たった2枚の密閉袋を振り回すだけで
 30秒でジェラートが作れる」

<材料>
  • 牛乳・・・100ml
  • 砂糖・・・大さじ1
  • バニラエッセンス・・・少量
<手順>

① 密閉袋に牛乳100 ml、砂糖 大さじ1、バニラエッセンス少量を入れ、
なるべく空気を出して閉じる。

② 大きめの密閉袋に塩1:氷5の割合で入れ、氷に塩をなじませる。

③ 材料の袋を氷の中に入れ、できるだけ空気を抜いて閉じる。

科学の得ワザ
氷は、溶ける時に周囲の熱を奪っていく。
そのため、氷が溶けると材料の熱を奪い、代わりに材料が冷やされる。
そこへさらに、氷に塩を入れることにより、
氷が溶けるスピードが早くなる=材料が冷える時間が早くなる。

④ ポリ袋の中に③の密閉袋を入れ、タオルで包み、両端を輪ゴムでとめる

⑤ 両端を2人で持ち、長縄跳びを回すように30秒振り回せば完成。

科学の得ワザ
振り回すことで遠心力が働き、
ジェラートの材料が外側に押しつけられることで氷に密着しより冷える

※量を倍にしたら回す時間も倍の60秒にしてください。

材料を変えて、他の味も楽しめます。
・牛乳100ml+クッキー4枚→クッキー&クリーム味ジェラート
・オレンジジュース100ml→オレンジ味ジェラート

× 閉じる

テーマ②「出張!ウル得マン ~劇団四季 編~」

短時間で数多くのメニューを作れるスピード自慢の
得損ヒーロー“ウル得マン”こと“犬の心・いけや賢二”。
どこの家庭でもある身近な食材をメーンに、
制限時間3分ならぬ、30分で何品作れるかに挑戦!
題して、“ウル得マンの30分クッキング”!

詳細はこちら

訪れたのは、横浜・あざみ野にある“劇団四季”の巨大稽古施設。
3日後の7月16日に劇場を浜松町から大井町に移す『ライオンキング』は、
次回公演に向けて稽古の真っ只中。
暑い時期の稽古に加えて、劇場の引っ越しも重なり疲れのたまっている劇団員たちに、
栄養のある料理を作ってほしいと依頼が。
その依頼に応えて、ウル得マンが30分で20人前をスピード調理!!

ウル得マンが調理する舞台は・・・“食堂”
この食堂、メニューは10種類以上。
研究生とベテランで値段が違う。
同じ丼でも、ベテランは325円 研究生は200円。
一番人気のカレーは、研究生は80円で食べられる。

劇団四季(あざみ野の稽古場)
  • 約5,000坪
  • 役者&スタッフ 約1,300人の劇団関係者が利用
  • 稽古場は大小10(電動で舞台を傾斜させる傾斜舞台のついた稽古場もある。)
  • 1人で練習するための個室“研究室”が25部屋(予約制)
  • 小道具の大半は劇団四季の職人が作っている
    (シンバのマスクは軽さと丈夫さを追求し、F1に使われる特殊な素材を使用している。)
  • 専属トレーナーがいるトレーニングジムがある

【ウル得マン30分クッキング】

今回のメーン食材:鶏ささみとムネ肉

2つとも、値段も安く主婦の味方だが、調理すると硬くパサパサになりがち。
そんな、鶏ささみとムネ肉を12個の得ワザでジューシーに!!

得ワザ①「ささみのスジはフォークで簡単に取れる」
キッチンペーパーでスジをつかみ、フォークの間にスジを入れて取り除く。
以前は割り箸で紹介した得ワザだが、
フォークの方がスジを固定し取りやすい。

得ワザ②「ムネ肉を観音開きで薄く均一に1枚にする」
ムネ肉は分厚いので薄い1枚の肉にして火の通りを良くする。
切り方のコツ:
①肉の真ん中で包丁を寝かす
②左下に向かって切る
③肉を上下にひっくり返し
④再び左下に向かって切る

得ワザ③「ムネ肉に酒とコンソメを入れて揉むことで
酒が肉の中の水分を閉じ込め 火を通しても硬くならずジューシーに」
フライなど高温を使う際に効果的。
コンソメを使っているので下味もつく。
得ワザ④「ムネ肉を低い温度でゆでると身が硬くなりづらい」
得ワザ⑤「ささみをハチミツで揉めばやわらかくなる」
肉の硬さは筋繊維であるたんぱく質が原因。
ハチミツの「プロテアーゼ」と呼ばれるたんぱく質分解酵素によって
肉がやわらかくなる。
※フライなど高温で使うとハチミツが焦げてしまうので注意
得ワザ⑥「ささみをたたくと筋繊維が潰れてやわらかくなる」

【1品目】ささみチーズめんたい

<材料>
  • ささみ ・・・7本
  • とろけるチーズ・・・大さじ3
  • 大葉・・・・・10枚
  • 明太子・・・・2腹
  • サラダ油・・・大さじ1

★たたいた生のささみから調理

<調理法>

① サラダ油を薄くひいたフライパンに、
スジを取ってたたいたささみを入れ、両面をこんがりと焼く

② ①の上に、ほぐしたとろけるチーズを散らす

③ 蓋をして弱火にして、蒸し焼きにし、薄皮を取った明太子盛り付ける

④ 大葉の千切りを散らす

【2品目】ウル得パウダー 和風から揚げ

<材料>
  • ムネ肉・・・3枚
  • 昆布茶・・・適量
  • 山椒・・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ3
  • 卵・・・1個
  • 片栗粉・・・100g
  • サラダ油・・・適量
  • ベビーリーフ・・・適量

★ゆでたムネ肉から調理

<調理法>

① ゆでたムネ肉を一口大の大きさに切る

② ムネ肉にしょうゆ、卵を混ぜ込む

③ 次に昆布茶、山椒を混ぜ込む

④ 片栗粉を混ぜ込んで170度程に熱したサラダ油でこんがりと揚げる

「ウル得パウダー」 昆布茶&山椒
得ワザ⑦「昆布茶でたんぱくな鶏肉のうま味がアップ」
得ワザ⑧「ムネ肉に片栗粉をまぶすことで表面がサクサクで軽い食感のから揚げに」
得ワザ⑨「ムネ肉を揚げる前にゆでておくと時短&肉が硬くなりにくくなる」

【3品目】新感覚!和風まぜそば

<材料>
  • ムネ肉・・・2枚
  • 梅干し・・・3個
  • 長ネギ・・・1/3本
  • 大葉・・・5枚
  • 刻みのり・・・適量
  • 水洗いだけで食べられる麺(そば)・・・4玉
  • サラダ油・・・適量
  • 昆布茶・・・適量
  • 鶏ムネ肉のゆで汁・・・400ml
  • 塩・・・ひとつまみ

★ゆでたムネ肉から調理

<調理法>

① ゆでたムネ肉の粗熱が取れたら1cm幅程度に切る

② 大葉は千切り、梅干しは種を取ってたたく。

③ 麺を水でほぐしてザルに上げて水気を取りボウルに移し、
サラダ油、昆布茶を麺に混ぜ下味を付けて、盛り付ける

④ ③の上に①②と刻みのりを盛り付ける

⑤ 鶏ムネ肉のゆで汁に、塩を混ぜて、かけ汁を作り、盛り添える

得ワザ⑩「昆布茶を入れることで麺のうま味がアップし麺つゆにつけなくてもOK」
得ワザ⑪「ムネ肉をゆでる
→1、から揚げの揚げ時間を時短  2、ゆで汁を混ぜそばのダシにする」

【4品目】ピカタ

ピカタとは…イタリア料理のひとつ。
肉や魚の薄切りに、小麦粉と溶き卵をつけて焼いた物。

<材料>
  • ささみ・・・7本
  • 卵・・・・2個
  • 粉チーズ・・・大さじ3
  • 乾燥パセリ・・・適量
  • ベーコン・・・3枚
  • 小麦粉・・・大さじ3
  • ベビーリーフ・・・適量
  • サラダ油・・・適量

★たたいた生のささみから調理

<調理法>

① ラップの上でたたいたささみの上にベーコンをのせる
ささみを折り重ねてベーコンを挟んだ状態でたたく。

② ①を3等分に切り、小麦粉を表面にまぶす

③ 卵をボウルに割り入れ、粉チーズ、乾燥パセリを混ぜ、②をくぐらせる

④ フライパンにサラダ油を熱し、③を入れて両面をこんがりと焼く。

⑤ 焼き上がりを盛り付け、ベビーリーフなどを添える。

【5品目】チキンライス

<材料>
  • ささみ・・・7本
  • タマネギ・・・1/2個
  • ピーマン・・・2個
  • ご飯・・・3合分の炊き上がり
  • ケチャップ・・・大さじ6
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 塩コショウ・・・適量

★たたいた生のささみから調理

<調理法>

① タマネギ、ピーマンを粗みじん切りする

② フライパンにサラダ油を熱した中に、
①とスジを取ってたたき、一口大に切ったささみを入れて炒め、
塩コショウ、ケチャップを加えて炒める。

③ 炊飯器のご飯をボウルに移し、②を入れて混ぜて盛り付ける

得ワザ⑫「具材とケチャップを炒めて
ケチャップの酸味を飛ばし、まろやかな味に」

※スタジオではオムライスにして頂きました。

<材料>
  • 卵・・・8個
  • 牛乳・・・大さじ4
  • 塩・コショウ・・・各少々
  • バター・・・大さじ2
<調理法>

④ ボウルに卵を割りほぐし、塩・コショウ、牛乳を入れて混る。

⑤ バターを入れて溶かしたフライパンに④を流し入れ、
大きく混ぜて半熟に焼き、チキンライス手順③の上に乗せる。

得ワザ:牛乳を入れて卵を焼くとフワフワになる。
【完成品】

× 閉じる

桝えもんが紹介した、
「水の入ったポリ袋に鉛筆を刺してもこぼれない」という得ワザをレベルアップ!

大きなポリ袋でもできるのか?

詳細はこちら

大きなポリ袋に鉛筆50本を刺すことができた!
(今回は容量20Lのポリ袋に10~11Lの水を入れて実践)

※実践する時は、濡れても良い環境でやりましょう。

× 閉じる

バックナンバー