ダーツの旅日記

2017年8月9日

熊本県 上天草市 大矢野町(おおやのまち)

今回、ダーツの矢が当たったのは熊本県大矢野町。
天草灘と八代海の間に浮かぶ天草諸島の北部に位置し、「天草の玄関口」と呼ばれています。大小18もの島で構成された海の自然が豊かな町です。

また、江戸時代、自由と平和を望んだキリシタン・天草四郎のゆかりの地としても有名です。 天草地方は西洋文化の伝来とともにキリスト教が布教され独自の文化を育んでいました。しかし、将軍・徳川秀忠は禁教令をしき、キリシタンを激しく弾圧しました。高い年貢に苦しめられていた農民たちの不満は爆発し、天草四郎を総大将として一念発起します。自由と平和の国“パライゾ”を夢見るものの、激戦の末、幕府軍に敗れてしまいました。大矢野町にある「天草四郎メモリアルホール」では、当時の時代背景や戦いの様子などを知ることができ、壮大な歴史を感じることができました!

さらに、船に乗ると、愛嬌たっぷりのバンドウイルカたちに出会うことができます!船に乗る前に、イルカとの遭遇率はほぼ100%と伺っていましたが、「そんな簡単には見られないでしょ~」と半信半疑。しかし!船を走らせていると水族館で見るような豪快なジャンプで私たちをお出迎え!手に届きそうなくらい近くまで寄ってきてくれました!船長さんによると1000匹ほどのイルカが生息しているそうです!

私事で大変恐縮ですが、今回はじめてダーツの旅に行かせて頂きました!町に入る前は、「突然、町に所縁のない私たちが声をかけたらどんな反応をされてしまうんだろう…」と不安を抱えていましたが、お声がけしてみると、驚きながらも面白い話をたくさんしてくださり、町の皆さまの温かさに触れることができました!残念ながら、全てのインタビューを放送することはできませんが、皆様との出会いは一生忘れません。笑顔で楽しくお話をしてくれた大矢野町の皆さま、本当にありがとうございました!