終戦記念特別ドラマ 真実の手記 BC級戦犯加藤哲太郎 私は貝になりたいあらすじ
昭和15年に陸軍に召集された24歳の加藤哲太郎(中村獅童)は、昭和20年の終戦時、新潟の俘虜収容所の所長をしていた。大学で経済を学んだ哲太郎は、外国語が分かるということで、米英の高級将校が多いこの収容所の担当となったのだ。

終戦の玉音放送を部下たちと共に聴いた哲太郎は、ある決意を固めていた。
それは、数ヶ月前、こともあろうに脱走を企てた捕虜の射殺事件が発生した。

犯人は不明であったが、敗戦によって収容所に所属していた兵士全員に重罪が下るのは必至だった。
考え抜いた哲太郎は、部下たちを救おうと、捕虜射殺の一件を含め全ての罪を一人で被って逃走しようと決めたのだ。

「無条件降伏」とは名ばかり、戦争の終結と同時に、日本軍の捕虜収容所関係者は、BC級戦犯として追及され始めた。
哲太郎の家族は、文学者で思想家の父・一夫(森本レオ)、母・小雪(名取裕子)、妹の不二子(優香)と美地子(東亜優)の4人。 二 三 四 一 次頁へ