データ放送で「防衛チャレンジ」に参加してプレゼントに応募しよう!!
WBC世界バンタム級タイトルマッチ 王者 山中慎介(帝拳ジム) VS 挑戦者 ルイス・ネリ(メキシコ)
  • 防衛の軌跡
  • 選手プロフィール
  • 見どころ

WBCバンタム級チャンピオン・山中慎介 防衛の軌跡

  • 王座獲得試合

    2011年11月6日 代々木競技場第2体育館

    クリスチャン・エスキベル戦【当時同級2位】

    11回TKO勝利で、WBCバンタム級王座を獲得。

  • 1度目の防衛戦

    2012年4月6日 東京国際フォーラム

    ビック・ダルチニャン戦【当時同級4位】

    12回判定(3-0)勝ちで、WBCバンタム級・初防衛に成功。

  • 2度目の防衛戦

    2012年11月3日 ゼビオアリーナ仙台

    トマス・ロハス戦【当時同級7位】

    7回・衝撃のKO勝利で、2度目の防衛に成功。

    写真:日刊スポーツ/アフロ

  • 3度目の防衛戦

    2013年4月8日 両国国技館

    マルコム・ツニャカオ戦【当時同級1位】

    12回TKO勝利で、3度目の防衛に成功。

  • 4度目の防衛戦

    2013年8月12日 大田区総合体育館

    ホセ・ニエベス戦【当時同級8位】

    1回KO勝利で、4度目の防衛に成功。

  • 5度目の防衛戦

    2013年11月10日 両国国技館

    アルベルト・ゲバラ戦【当時同級8位】

    9回KO勝利で、5度目の防衛に成功。

    写真:ロイター/アフロ

  • 6度目の防衛戦

    2014年4月23日 大阪城ホール

    シュテファーヌ・ジャモエ戦【当時同級3位】

    9回TKO勝利で、6度目の防衛に成功。

  • 7度目の防衛戦

    2014年10月22日 代々木競技場第2体育館

    スリヤン・ソールンビサイ戦【当時同級1位】

    3度のダウンを奪い12回判定(3-0)勝利。7度目の防衛に成功。

  • 8度目の防衛戦

    2015年4月16日 大阪府立体育館第1競技場

    ディエゴ・サンティリャン戦【当時同級7位】

    7回KO勝利で、8度目の防衛に成功。

  • 9度目の防衛戦

    2015年9月22日 大田区総合体育館

    アンセルモ・モレノ戦【当時同級2位】

    12回判定(2-1)勝ちで、9度目の防衛に成功。

  • 10度目の防衛戦

    2016年3月4日 島津アリーナ京都

    リボリオ・ソリス戦【当時同級3位】

    12回判定(3-0)勝ちで、2桁防衛となる10度目の防衛に成功。

  • 11度目の防衛戦

    2016年9月16日 大阪府立体育館第1競技場

    アンセルモ・モレノ戦【当時同級1位】

    4度のダウンを奪い、7回TKO勝利。11度目の防衛に成功。

  • 12度目の防衛戦

    2017年3月2日 両国国技館

    カルロス・カールソン戦【当時同級6位】

    5度のダウンを奪い、7回TKO勝利。12度目の防衛に成功。

選手プロフィール

  • 王者 山中慎介(帝拳ジム)「神の左/GOD LEFT」
    • 【出身】滋賀県湖南市
    • 【生年月日】1982年10月11日(34歳)
    • 【戦績】29戦27勝(19KO)2分
    • 【スタイル】左ボクサーファイター
    • 【獲得王座】
    •  2010年6月 日本バンタム級王座(1度防衛)
    •  2011年11月 WBC世界バンタム級王座(12度防衛)
  • 挑戦者 同級1位 ルイス・ネリ(メキシコ)
    • 【出身】メキシコ、バハカリフォルニア州ティファナ
    • 【生年月日】1994年12月12日(22歳)
    • 【戦績】23戦全勝(17KO)
    • 【スタイル】左ボクサーファイター
    • 【獲得王座】
    •  2016年4月 WBC米大陸バンタム級王座(1度防衛)
    •  2016年12月 WBCシルバー・バンタム級王座(防衛せず返上)

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

王者 山中慎介(帝拳) × 挑戦者 同級1位 ルイス・ネリ(メキシコ)
13度の世界戦で30度のダウンを奪っている山中

11年11月の戴冠後、「ゴッド・レフト(神の左)」を主武器にのべ12人の挑戦を退けてきた山中が、13度目の防衛戦で最強の敵を迎える。大きなハードルを越え、具志堅用高氏の持つ日本人の世界王座防衛記録に並ぶことができるか。

山中は5年9ヵ月前に決定戦を制して現王座を獲得。以後、ビック・ダルチニャン(オーストラリア)やアンセルモ・モレノ(パナマ=2度)といった世界的なビッグネームを含む12人のチャレンジャーを退けてきた。戴冠試合を含む13度の世界戦は全勝で、そのうち9KOという高いKO率を誇る。奪ったダウンの数は合計30度。1試合平均で2度以上のダウンを奪っている計算になる。山中は「急所を確実にヒットできなかったため、一発で仕留められなかったということだと思う」と謙遜するが、逆に本来ならばダウンに結びつかないようなパンチでも倒していると分析することもできる。それこそが「神の左」の威力なのではないだろうか。

その一方、自身も世界戦で計4度のダウンを喫している点は気になるところといえる。10度目の防衛戦となったリボリオ・ソリス(ベネズエラ)戦では打ち終わりに右を合わされて3回に2度もキャンバスを這い、続くモレノとの再戦では4度のダウンを奪ったものの自身も右フックを浴びてダウンを喫している。カルロス・カールソン(メキシコ)とのV12戦でも圧倒しながら冷やりとするシーンがあった。こうした場面が次戦でもあるようだとV13に黄色信号が灯ることになりそうだ。

前哨戦でサウスポーを下しているネリ

挑戦者のネリはアマチュアで9戦全勝の戦績を残したあと12年5月に17歳でプロデビューした。山中がダルチニャンを判定で退けて初防衛を果たした1ヵ月後のことだ。連勝を収めるなか2年前から対戦相手の質もアップし、世界挑戦経験者のジョン・マーク・アポリナリオ(フィリピン)に2回TKO勝ち、16年4月にはWBC米大陸バンタム級王座を獲得し、元WBA世界スーパー・フライ級暫定王者のダビ・サンチェス(メキシコ)にも4回終了TKO勝ちを収めた。

興味深いのは直近の3試合である。昨年10月、3度の世界挑戦経験を持つサウスポーのリッチー・メプラヌン(フィリピン)に2回TKO勝ち。続く12月の試合ではレイモンド・タブゴン(フィリピン)に4回TKOを収めているが、初回のチャンス後、無防備になったところに相手の右をアゴに浴びダウンを喫している。また、今年3月の挑戦者決定戦ではWBC5位にランクされていたヘスス・マルティネス(コロンビア)に4回終了TKO勝ちを収めているが、このマルティネスもサウスポーなのだ。ちなみに、このときのネリの体重はバンタム級リミット(118ポンド≒53.5キロ)を3ポンド(約1.36キロ)以上もオーバーする121.2ポンド(約54.9キロ)だった。体に厚みが増す時期ということもあり、体重調整に苦労しているのかもしれない。

ネリは山中と同じサウスポーの強打者だが、じわじわと距離を詰めながらミドルレンジで破壊力のある左右を叩きつけて倒すパターンが多い。長槍を突き刺す山中に対し、ネリは中くらいの長さの刀で斬りかかるタイプといっていいだろう。距離をつかんだときの波状攻撃は迫力がある。山中も「これまでで一番強い相手。L字ガードをつかうなど巧いところがあり、左ストレート、右フック、アッパーなどパンチも強い」と警戒している。その一方、ネリはディフェンス面には課題も抱えている。距離がある場合は右ガードを下げる構えが多く、攻撃に入ったときも隙をみせるケースがある。KOを狙って攻め急いだタブゴン戦などは、その典型といえる。

29戦27勝(19KO)2分の山中、23戦全勝(17KO)のネリ。強打を売りにしている選手同士のカードだけに、スタートから目の離せないスリリングな試合になりそうだ。山中は右ジャブと足をつかいながら長距離をベースにして、機をみて中間距離に入って左ストレートを狙うことになるだろう。山中も「足を生かしながら隙をついて左ストレートを上下に打ち込む」と話している。これに対しネリは常に中間距離をつくり、連打をたたみ込むチャンスをつくりたいところだ。どちらが自分の距離をつくるか、そこが大きなカギになるだろう。

ボクシング・ライター 原 功

データ放送

山中慎介 神の左オリジナルTシャツ

5名様 ※色は選べません

応募受付は終了しました。

※応募締切 2017年8月22日(火)正午
※応募キーワード(4文字)を正しく入力してください

「防衛チャレンジ」に参加して、プレゼントに応募しよう!!

≪ルール・参加方法≫

  • (1)お持ちの地上デジタル対応テレビで「The REAL26 ワールドプレミアムボクシング」放送中にリモコンの【d】ボタンを押します。 ※ゲーム画面は【青】ボタンをプッシュ!
  • (2)リモコンの【決定】ボタンを押してゲームスタート!リモコンの4色ボタンを押すとパンチします。
  • (3)上から降ってくる4色のパンチが赤い線に重なったら、パンチと同じ色のリモコンのボタンをプッシュ!!
  • (4)パンチ成功で「次のステージまで」のメーターが増えます。メーターがいっぱいになるとステージクリア!
    パンチ失敗でライフが減ります・・・ライフがゼロになるとゲームオーバー、再度そのステージからやり直すことができます。
    さらに「×2」のパンチ成功でメーターが通常の倍増えます!!
    ただし、パンチ失敗すると・・・ライフが2個減ってしまいますのでご注意ください!
  • (5)全部で13ステージ、ステージをクリアする度に応募口数UP!
  • ※防衛チャレンジの挑戦は20時45分頃まで!

≪応募方法≫

  • ★応募の際は応募キーワード(4文字)が必要です。
  • ☆応募用キーワードは20時45分頃に発表します。
    キーワードは放送終了とともに見られなくなりますので、必ずメモをお忘れなく!!
  • ★キーワードが発表されたら、このページにある「データ放送 プレゼント応募はコチラから!」を押すか、データ放送画面内に表示されているQRコードをスマホ・携帯電話で読み取り、応募ページに進んでください。
  • ☆応募ページで、データ放送上に表示された応募用キーワードと必要事項を入力してプレゼント抽選に応募してください。

≪注意事項≫

  • ※プレゼントに複数回応募いただいても、最後に応募した1通のみ有効となります。(キーワードや住所等を間違えた場合は、再度正しく入力してご応募ください)
  • ※お使いのテレビによっては、防衛チャレンジ参加直後に主電源を切ったりチャンネルを変えると、データの書き込みが正常に行われない場合があります。
    主電源を切ったりチャンネルを変える場合は、参加した後、少し時間をおいてから操作していただくようお願いします。
  • ※録画視聴では『防衛チャレンジ』に参加できません。
  • ※一部機種では、正常に動作しない場合がございます。ご了承下さい。
  • ※プレゼント当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。
  • ※システム等のトラブル発生時には、予告無く本企画を終了する場合がございます。
    また、受信機側によるエラー、サーバ混雑等いかなる理由でプレゼントに応募できない場合も、日本テレビは一切の責任を負いません。

データ放送では「防衛の軌跡」や「途中採点」も公開予定!