放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

30回 ゴンドラ工房
【テーマポート:メディテレーニアンハーバー】
2006/11/5 OA

「水の都」ヴェネツィアを再現した
東京ディズニーシーの「パラッツォ・カナル」
運河をのんびりゴンドラが進みます。
このゴンドラも、
もちろん本場ヴェネツィアのものをモデルにしています。
「アドリア海の女王」ヴェネツィア。
運河にかかるリアルト橋の下を、船が通ります。
車が入れないヴェネツィアでは、
今も昔も船が唯一の交通手段。
なかでも、「ゴンドラ」は、
500年以上の歴史を持つ
伝統的な乗り物です。
かつて、ヴェネツィアの貴族たちは、
みな自家用の「ゴンドラ」を持っていました。
それを目いっぱい飾り立てて、
競い合うようにこの運河を通ったといいます。
「ゴンドラ」を作る工房を見つけました。
ひいおじいさんの代から続く、
この仕事を受け継いだロベルトさん。
「ゴンドラ」一艘にかける日数は2ヶ月。
漕ぎ手の体重やくせに合わせて、
微調整を繰り返しながら
作ってゆきます。
ゴンドラ作りで大切なのは船のバランス
これは手作りじゃなきゃできないんだ
ゴンドラで運河をいきかった人々の
ここは「夢の通り道」です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)