放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

91回 チョコレート
2008/2/10 OA

大切な人に想いを伝える≠テーマにした
ウインタープログラム
「東京ディズニーシー・シーズン・オブ・ハート」
バレンタインデーを前に、パークの中では
スペシャルなチョコレートを楽しむことができます。
チョコレートの本場、ベルギー。
運河に囲まれた街、ブルージュを訪ねました。
ブルージュとは「橋」という意味。
街を歩くと、チョコレート屋さんがいっぱい。
甘〜い香りが漂ってきます。
チョコレートの博物館を見つけました。
その名も「チョコ・ストーリー」
もともとは、高級な飲み物とされていたチョコレート。
ヨーロッパの貴族たちは、
こうした金や銀でできた専用のポットを使い
泡立てたチョコレートを飲んでいたそうです。
チョコレートが今の形になったのは、19世紀の終わり。
ベルギーでは、中にナッツ・クリームが入った
「プラリネ」が作られ大人気になりました。
ポールさんのお店です。
今も手作りの味をずっと守っています。
「いらっしゃいませ」
バレンタインデーに向けて、
特別なチョコレートを作ってくれました。
「おいしいチョコレートを贈って、みんな幸せになって」
大きなハートのチョコレート!
その中にも可愛いハートがぎっしり詰まっています。
チョコレートにこめた大切な人への想い。
ここは夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)