放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

100回 ウォルト・ディズニー
【テーマランド:ワールドバザール】
2008/4/13 OA

4月15日で25周年を迎える東京ディズニーリゾート。
ミッキーマウスとウォルト・ディズニーの像が
ゲストを迎えてくれます。
玄関口のワールドバザールは
ウォルトが少年時代を過ごした町がモデルになっています。
アメリカ、ミズーリ州、
昔の面影が今も残るマーセリン。
ここは、
ウォルト・ディズニーの思い出がつまった町です。
町を歩くと、ウォルトにまつわるものがいっぱい。
彼が少年時代からあった建物は、
今ではアンティークショップになっています。
中には懐かしいディズニーの品々がずらり。
大人になってから、何度もマーセリンを訪れたウォルト。
この町に住むケイ・マーリンズさんは…
「ウォルトは私をメインストリートに連れていき
ここから僕の夢が始まったんだと教えてくれたわ」
この町には、
彼が愛したものがたくさんあります。
そのひとつが、鉄道。
少年時代のウォルトは、
毎日のように汽車を見送っていました。
町の公園に当時の蒸気機関車が展示されています。
大人になっても線路の振動や、
客車を眺めるのが大好きだったウォルト。
少年の日の思い出は、
いつしかテーマパークを走る、
本物の鉄道の構想へと
実を結んで行きました。
ウォルト・ディズニーの夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)