放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

107回 ふしぎの国のアリス
【テーマランド:ファンタジーランド】
2008/6/1 OA

ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』を元にしたレストラン
『クィーン・オブ・ハートのバンケットホール』。
映画の中のお城のようにデザインされた店内には、
アリスのはちゃめちゃで楽しい冒険の世界が広がっています。
イギリス、オックスフォード。
歴史ある大学の町。
『ふしぎの国のアリス』の作者ルイス・キャロルは
大学で数学の先生をしていました。
主人公のモデルは、学寮長の娘、アリス・リデルだといわれています。
大学の近くに、当時からあるお店を見つけました。
今の名前は『アリス・ショップ』。
お菓子に絵葉書…、お店の中には、物語にまつわるものがいっぱい。
1862年、夏。
フォーリー橋のたもとから、ルイス・キャロルは
ボートにアリスとその姉妹を乗せて、ピクニックに出かけます。
その時、せがまれるまま、ルイス・キャロルがお話しした
アリスが主人公のはちゃめちゃな物語。
奇妙なウサギを追いかけて、穴に落ち、へんてこな出来事に
次々と遭遇するアリス、
そのお話が、『ふしぎの国のアリス』の元となったのです。
世界中で愛される物語の誕生。
ルイス・キャロルの『夢の通り道』です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)