放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

127回 ジャック・オー・ランタンの伝説
2008/10/19 OA

東京ディズニーランドで開催中のスペシャルイベント
「ディズニー・ハロウィーン」。
お茶目なゴーストや、カボチャのミッキーマウス!
パークの中は 楽しい飾り物や カボチャでイッパイです。
アメリカ・メーン州の「カンバーランド」。
ハロウィーンの季節はこの街もカボチャでイッパイになります。
子供たちはもう、その日が来るのを
待ち遠しくて仕方ありません!
10月になるとどの家庭でも
カボチャの提灯「ジャック・オー・ランタン」を作り始めます。
この 「ジャック・オー・ランタン」、
作るようになったのはいったい何故なのでしょう?
街の図書館では、お年寄りが子供たちに絵本で分かりやすく
「ジャック・オー・ランタン」の物語を教えていました
それは、お酒が大好きでずる賢い
「けちんぼジャック」にまつわる話。
ある日、ジャックは自分の魂を奪われないように悪魔を騙します。
でも、いざ 寿命が尽きたとき
ジャックは天国と地獄の間の暗闇をさ迷うことに…。
そのとき持ち歩いたのが、このジャック・オー・ランタンだった…
というのです。
災いを遠ざけるとされていましたが、
今ではお菓子が貰える家の目印。
『 Trick or Treat ! Trick or Treat !
 (お菓子をくれないとイタズラするぞ!)』
ハロウィーンの伝説を楽しむ人々の「夢の通り道」です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)