放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

154回 ミッキーマウス・レビュー
【テーマランド:ファンタジーランド】
2009/4/26 OA

東京ディズニーランドのミッキーマウス・レビュー。
ディズニーキャラクターたちが勢揃いして、
ディズニー映画の音楽を奏でます。
ゲストを夢の世界へといざなう、素敵な演奏を
指揮するのはもちろん、ミッキーマウス!
ドイツ東部の街、ライプチヒ。
古くからオーケストラで有名なこの街で、
クラシック界に革命を起こした天才指揮者がいました。
フェリックス・メンデルスゾーン。
彼は、今からおよそ170年前、
世界で初めて、「あるもの」を使った指揮者だと言われています。
そう、指揮棒なんです!
「彼は指揮棒を使うことで、よりテンポよく、
 より深みのある演奏を可能にしたんです」。
作曲家としても活躍したメンデルスゾーンは、
ディズニー映画とも深い関わりがあります。
彼の代表曲、『結婚行進曲』は、
ウォルトが作った世界初のカラーアニメ『花と木』で使われ、
映画は見事、「アカデミー短編アニメ賞」を受賞しているんです。
メンデルスゾーンは、晩年、
ドイツ初の音楽学校をつくりました。
日本の滝廉太郎も学んだこの学校には、今も、
世界中から音楽家の卵が集まります。
新しい音楽が生まれる街。
ここは、夢の通り道です。
※ミッキーマウス・レビューは、2009年5月25日をもって運営を終了いたします。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ