放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

168回  メアリー・ブレア
【テーマランド:ファンタジーランド】
2009/8/2 OA

東京ディズニーランドのファンタジーランドは
ディズニー映画の主人公に出会える夢と童話の世界。
「シンデレラ」「ふしぎの国のアリス」「ピーターパン」
これらの映画の世界は、ある女性アーティストの
カラースタイルを基に作られました。
彼女の名はメアリー・ブレア
幼いころから絵を描くことが大好きでした。
家族は貧しく、食べ物も満足に買えない状況…
けれど両親はいつでも絵が描けるように
絵の道具だけは買ってあげたと云います。
そんな家族の愛に包まれて育った少女は
のちにあふれる才能を開花させ、
たくさんの素敵な作品を生み出したのです。
ロサンゼルス郊外、ランチョクカモンガに住む
マギーさんは、メアリーの姪にあたる人です。
「叔母は私のアイドルで、ヒーローだったわ。
 洋服はいつも目立っていて斬新だったの。当時は叔母みたいに
 ピンクやオレンジの色を合わせて着る人なんて居なかったもの」
「このお人形たちは1950年から60年にかけて叔母が描いた
 子供向けの絵本の挿絵を基に作ったのよ」
メアリーはたくさんの絵本も手掛けました。
中でも「I CAN FLY」は、出版から50年以上経った今も
世界中の子供たちに愛されています。
大人と子供の目線を持ったアーティスト、
メアリー・ブレアの夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ