放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

169回 メアリー・ブレア
【テーマランド:ファンタジーランド】
2009/8/9 OA

世界中の子供たちが民族衣装で歌う「小さな世界」、
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」。
そのカラフルで心温まるアトラクションのメインデザインは
女性アーティスト、メアリー・ブレアによるものなんです。
優れたデザイナー、カラー・スタイリストであった
メアリー・ブレア
彼女の色彩感覚は「ふしぎの国のアリス」
「シンデレラ」を始めとするディズニー作品の世界づくりに
大きな功績を残しました。
ウォルト・ディズニーにとってもメアリーはアイデアの泉でした。
「私が聞いたことのないような色のことまで
メアリーは良く知っている」
そうウォルトが語ったように、メアリーが創り出す作品は
驚くような色で溢れていました。
そんな彼女の画風が生まれるきっかけとなった
出来事がありました。
1941年にウォルトや夫のリーと出かけた南米旅行です。
およそ3カ月の冒険に満ちた旅…
南米で目にした独特の色や光は
メアリーの作品づくりに大きな影響を与えたのです。
メアリーの才能を信じたウォルトは彼女にひとつの
仕事を委ねます。
ウォルトが望んだ「子供たちの無垢で平和な世界」、
イッツ・ア・スモールワールドのデザインでした。
かつてウォルトに語りかけたように、メアリーの作品は
今も世界中の人たちを魅了します
メアリー・ブレアの夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ